[中部] 静岡県山梨県長野県
岐阜県愛知県三重県

ぶらり、出掛けたい!静岡県の美術館

静岡県

静岡県イメージキャラクター
ふじっぴー
ふじっぴー©静岡県

    伊豆エリア

  • 静岡県 IZU PHOTO MUSEUM

    かんなみ仏の里美術館
    (静岡県・田方郡函南町)

    函南町民の財産である貴重な文化財を、後世に保存継承するとともに 多くの人が鑑賞し、学ぶことができる施設として2012年4月に開館。 平安時代の「薬師如来像」や鎌倉時代の「阿弥陀三尊像」を始め 二十四体の仏像群を心静かに鑑賞することができる。

  • 佐野美術館(静岡県・三島市)

    日本美術の展覧会を中心に開催する美術館で、工芸、絵画、写真など多彩な展覧会を楽しむことができる。常設展示室では、 刀剣や仏像をはじめとする収蔵品の一部を公開。 四季折々の表情を楽しめる日本庭園を併設している。
    庭園と散策が楽しめる美術館

  • 池田20世紀美術館(静岡県・伊東市)

    975年に開館した日本初の本格的現代美術館。20世紀に活躍した作家、なかでも「人間」を テーマとするものを中心にした絵画や彫刻のコレクションを展示する美術館。 ルノワール、ボナール、ピカソ、マチス、レジェ、シャガール、ミロ、ダリなど。 建物は彫刻家・井上武吉の設計。

  • 伊豆ガラスと工芸美術館(静岡県・伊東市)

    19世紀末から20世紀初期、アール・ヌーヴォーやアール・デコの代表的ガラス作家である、 ガレ、ドーム、ティファニー、ラリックなどの作品を展示。 鑑賞のあと思い出づくりは、手作りステンドグラス工房で。
    ガラス工芸作品を展示する美術館

  • 野坂オートマタ美術館(静岡県・伊東市)

    「機械仕掛けの芸術品」と言われ、ヨーロッパの王侯貴族たちに愛されたオートマタ専門の美術館。 作品展示のほか、オートマタ製作者「ミッシエル・ベルトラン」のアトリエの再現した展示室や、 ビデオ鑑賞コーナー、実演コーナーなども。

  • アンティークジュエリーミュージアム
    (静岡県・伊東市)

    ヴィクトリア王朝時代(1837~1901)を中心に、貴族社会の華やかな時代の宝飾品やドレスを展示。 19世紀初期~20世紀初期まで年代別に紹介・展示している。 豪華なアンティーク調のドレスを着てパチリ!記念写真コーナーも。

  • 陶磁・ガラス美術館やんもの木
    (静岡県・伊東市)

    世界最古の陶磁器と中国古代のおもちゃなど700点、250年前の中国皇室の香水瓶約500点、 「清康熙年間在銘(豆彩盤)」や「清乾降年間ガラス碗(宮廷の官碗)」など 清王朝時代の乾隆ガラスを展示している。
    ガラス工芸作品を展示する美術館

  • 伊豆オルゴール館(静岡県・伊東市)

    小さなオルゴールから大きな自動オルガンまで展示室、ホールに約130点を展示。 またアンティークオルゴール、自動演奏楽器のコンサートをわかりやすい解説と共に紹介している。 オルゴール以外にも音楽にちなんだレトロコレクションも豊富。

  • 花の絵美術館(静岡県・伊東市)

    植物の姿を正確で細密に描く植物図鑑のための絵画、ボタニカルアート(植物画)。 春の野を彩るレンゲの花や野辺に咲くスミレの花など、身近な花の美しさに惹かれ絵筆を動かしてきたという、 高橋京子の作品を展示する美術館。

  • 創作人形館ミワドール(静岡県・伊東市)

    100年以上も前に作られた美しいビスクドール(磁器焼き人形)に魅せられ、 ベビーやヨーロッパの貴婦人、凛々しい天草四郎、市松風の和人形たちなど、 純粋で、美しいと思うものをそのまま形にしてきたという、三輪輝子の世界を堪能できる。

  • ワイルドスミス絵本美術館(静岡県・伊東市)

    色彩の魔術師と称される、ワイルドスミスの光あふれる色使いや、技法などの魅力を紹介する美術館。 代表作「ワイルドスミスのABC」など1冊の絵本に焦点をあて展示している。 季節やテーマに沿った原画を色々な絵本の中からの展示も。
    夢あふれる絵本の美術館

  • 村上康成美術館(静岡県・伊東市)

    自然あふれる伊豆高原に建つ、絵本作家であり、また「絵本も描けるウクレレ釣り師」として異名のある 自然派アーティスト、村上康成の美術館。 館内では絵本原画の展示やトーク&ライブなどのイベントが行われる。

  • 上原美術館(静岡県・下田市)

    上原近代美術館と上原仏教美術館が一つになり、2017年に上原美術館となった。マネ、ルノワールなどの西洋絵画や、梅原龍三郎、須田国太郎などの日本絵画を収蔵する近代館と、平安、鎌倉時代の仏像や、奈良時代の古写経、近現代の仏像など幅広い仏教美術を収蔵する仏像館がある。
    彫刻や造形作品を展示する美術館

  • 伊豆の長八美術館(静岡県・賀茂郡松崎町)

    日本でも珍しい漆喰芸術の美術館。松崎町出身の鏝絵の名工・入江長八による、 西洋のフレスコに優るとも劣らない漆喰鏝絵の作品約50点を展示。 建物の設計は石山修武。この美術館が授賞対象となり「吉田五十八賞」を受賞している。

  • 黄金崎クリスタルパーク
    (静岡県・加茂郡西伊豆町)

    藤田喬平、扇田克也、パヴェル・フラヴァ、ハワード・ベン・トレなどの国内外の現代ガラスアートの展示と 気軽に楽しめるガラス工芸の体験工房・特別講座がある。
    ガラス工芸作品を展示する美術館

  • MOA美術館(静岡県・熱海市)

    コレクションは尾形光琳筆「紅白梅図屏風」、野々村仁清作「色絵藤花文茶壷」、 手鑑「翰墨城」の国宝3点をはじめ重要文化財62点を含む約3500点、 東洋美術を中心にした絵画、書蹟、工芸など各分野に渡る。
    国宝に出会える美術館

    西部エリア

  • 資生堂企業資料館・資生堂アートハウス
    (静岡県・掛川市)

    資生堂の昭和初期からのポスターや新聞、雑誌広告、CF作品など宣伝活動の制作物約2000点を展示。 創業時からのパッケージデザインや広告表現などから、時代の移り変わりを見ることができる。 年数回、絵画、彫刻、工芸品の企画展も開催。)

  • 秋野不矩美術館(静岡県・浜松市)

    天竜市出身、女流日本画家・秋野不矩がインドの風景、寺院などをテーマに描いた作品を中心に 常設展示する美術館。建物の設計は藤森照信。 小高い丘の上に建ち、自然素材をできる限り自然に近い状態で使い、自然との調和に配慮している。

  • 浜名湖オルゴールミュージアム
    (静岡県・浜松市)

    大草山山頂に建つアンティークオルゴールを主にしたミュージアム。 シリンダーやディスク等のオルゴール、自動演奏ピアノ、オートマタなど各種のオルゴールが 見学と共に毎時30分間行われるコンサートでも楽しめる。 また360°浜名湖のパノラマが楽しめる屋上にはミュージカルカリヨンがある。

  • 浜松市美術館(静岡県・浜松市)

    18~19世紀の伝統的ガラス絵や現代作家によるガラス絵と、 多くの浮世絵師によって描かれた遠州各地の風景が描かれている版画を収蔵、常設展示。 他に月毎の企画展、子供美術館教室、講演会、映画会などを開催している。

  • 平野美術館(静岡県・浜松市)

    浜松市内の実業家、平野家三代で収集した近・現代の日本画をはじめ、 洋画や現代アート、書、工芸など美術品約2000点を収蔵し、 春夏秋冬の4回に分け、展示、順次公開している。特別展も随時開催。

美術館集結!静岡県のアートエリア

◇ クレマチスの丘/3つのミュージアムをはじめ、庭園、レストランなどが点在する複合施設。
〈対象美術館〉ベルナール・ビュフェ美術館・ヴァンジ彫刻庭園美術館・IZU PHOTO MUSEUM
クレマチスガーデン・ヴァンジ彫刻庭園美術館、IZU PHOTO MUSEUM、ベルナール・ビュフェ美術館、井上靖文学館にの4館に入館できるお得な『4館共通券』の他、各種共通券が用意されています。
詳細はこちら→クレマチスの丘HP

美術館巡りを楽しもう!

NEW! 07.10掲載

ツリー下町界隈ミュージアム!

スカイツリー周辺の押上、両国のミュージアムを紹介します。

06.06掲載

ワンコインミュージアム!

入館料が500円以内で、充実した内容のミュージアムを紹介します。

05.01掲載

山手線で美術館巡りを!

山手線沿線、駅から歩いて15分以内で行ける美術館を紹介します。

04.01掲載

丸の内オフィス街にある美術館!

東京駅から歩いて15分以内で行ける、丸の内の個性豊かな美術館を紹介します。

月曜日に開館している東京の美術館!

六本木、上野、渋谷など人気のエリアにも、月曜日開館の美術館があります。

駅から雨に濡れずに美術館へGO!

駅に直結、地下道を通ってなど、駅から濡れずに美術館へ行けるのがうれしい。

行ってみたい美術館が見つかる本

フランス人がときめいた
日本の美術館

フランス人美術史家による
「本当に訪ねる価値のある」
美術館のガイドブック

2018年注目の展覧会を見つける!

美術展完全ガイド2018

2018年の美術展の中から
注目の展覧会をご案内

あると便利、美術鑑賞のお役立ちアイテム

ビクセン 単眼鏡
アートスコープ
H4×12 レッド

繊細な筆のタッチも
工芸品の細かな細工も
驚く程よく見える

ちょっと気になるアートグッズ

自宅でアート鑑賞

びじゅチューン!
DVD BOOK4

美術作品を題材にした
ユニークなNHK Eテレの
番組がDVDになった!

- PR -

▲このページのトップへ