浮世絵テーマ美術館

浮世絵師 浮世絵作品 浮世絵コレクター 浮世絵が見られる施設

    浮世絵師にゆかりの土地にある美術館

  • 天童藩と親交を深めた歌川広重。

    広重美術館(山形県・天童市)

    歌川広重は天童藩の藩士や藩医などと交遊し、財政難の藩の手助けのため肉筆画を描いたりもしている。その作品群は「天童広重」と呼ばれ、その縁にちなんで美術館が建てられた。美術館では、テーマを替えながら初代~4代広重の作品を紹介している。 天童温泉の「滝の湯ホテル」に隣設。

  • 北斎が生涯のほとんどを過ごした墨田区。

    すみだ北斎美術館(東京都・墨田区亀沢)

    浮世絵師として、また世界的な芸術家としても評価が高い葛飾北斎が誕生から90年近くを過ごした地に、2016年11月開館した美術館。 墨田区が収集してきた質の高いコレクションに加え、ホノルル美術館の副主任研究員などを歴任したピーター・モースと、 日本における浮世絵研究の第一人者である楢崎宗重から譲り受けた作品や資料を収蔵、展示。建築設計は妹島和世建築設計事務所。

  • 豪商であり、思想家、文人でもあった高井鴻山は、信州小布施に北斎を招きアトリエ 『碧漪軒』 を建てた。

    北斎館(長野県・上高井郡小布施町)

    江戸時代の浮世絵師・葛飾北斎の掛軸、額装、屏風、画帖などの肉筆画を中心に、天井絵をはめこんだ2基の祭屋台を収蔵展示。 またマルチスライドで「画狂-北斎と肉筆画」(上映時間18分)と「小布施の北斎」(同14分)の2本を交互に上映。

  • 浮世絵作品にゆかりの場所にある美術館

  • かつて中山道(木曽海道)46番目の宿場「大井宿」のあった恵那市。歌川広重や渓斎英泉が《木曽海道六拾九次之内》を描いた。

    中山道広重美術館(岐阜県・恵那市)

    歌川広重「木曽海道六拾九次之内」、「東海道五十三次之内(行書東海道)」をはじめ、広重とともに幕末の浮世絵界を彩った歌川国芳による「木曽街道六十九次之内」など、主に「広重」と「木曽街道(中山道)」をテーマにした美術館。

  • 歌川広重の『東海道五拾三次之内』 に描かれた、東海道16番目の宿場「由比宿」の本陣跡地に建つ 。

    静岡市東海道広重美術館(静岡県・静岡市)

    東海道五十三次などで知られる浮世絵師、歌川広重の作品を中心に約1200点の版画を収蔵、展示する美術館。コレクションの中には、世界に数点しか存在しないといわれる「木曽海道六十九次之内・中津川」の貴重な作品も。

  • 上方浮世絵は役者絵が主流。かつて歌舞伎などの芝居小屋が立ち並んでいた、大阪道頓堀に作られた美術館。

    上方浮世絵館(大阪府)

    上方(京・大坂)で作られた上方浮世絵を常設展示する私設美術館。江戸の浮世絵師の作品とは異なり、役者を美化せず、人間味を描くところに特徴があるという。「OSAKA PRINTS」として大英博物館など世界の著名な美術館に収蔵されている。

  • 浮世絵を愛したコレクターの名品が揃う

  • 浮世絵の始まりから終焉まで辿れる、実業家太田清藏の世界有数のコレクション。

    浮世絵 太田記念美術館
    (東京都・渋谷区神宮前)

    太田清藏が昭和の初めより半世紀以上に渡り、蒐集に努めた浮世絵のコレクションは約12000点。 所蔵する作品の中から未公開作品の一般展示(作品は月毎に入れ替え)をしている。 また土曜日には講師の先生を招いての 土曜講座を開催。

  • 江戸末期から呉服問屋を営んでいた安達幸七の、土蔵と浮世絵コレクション。

    あだち好古館(栃木県・栃木市)

    江戸時代から続く呉服問屋の主人安達幸七が収集した浮世絵、屏風、書、彫刻、古民具などを展示。 展示室には文久3年(1863)などに建てられた呉服問屋の蔵をそのまま使用している。

  • 実業家・青木藤作の広重コレクション。

    那珂川町馬頭広重美術館
    (栃木県・那須郡那珂川町)

    栃木県出身の実業家、青木藤作氏より寄贈されたコレクションを中心に、歌川広重の肉筆画を始め、広重や他の絵師の版画、近代洋画の川村清雄等の作品を収蔵、展示している。隈研吾設計による平屋建て、切妻の屋根の建物は、自然豊かな那珂川町の景観に溶け込んでいる。

  • 喜多川歌麿の幻の浮世絵「深川の雪」も所蔵。実業家・岡田和生のコレクション。

    岡田美術館(神奈川県・足柄下郡箱根町)

    箱根・小涌谷に建つ私立美術館。コレクションの中心は、 実業家岡田和生氏が情熱を傾けて集めた近世・近代の日本画と、東アジアの陶磁器。 美術館正面には源泉掛け流しの足湯が用意され、 福井江太郎による巨大壁画「風・刻(かぜ・とき)」が迎えてくれる。

  • 日本画家、版画家であり風俗研究家としても知られる吉川観方の逸品揃いのコレクション。

    奈良県立美術館(奈良県

    浮世絵から近・現代の洋画、日本画、版画、工芸、彫刻などの美術品を展示。特に浮世絵は喜多川歌麿の「隅田川舟遊」、菱川師宣の「振袖美人図」、東洲斎写楽の「二代目板東三五郎の石井源蔵」、葛飾北斎の「江の島図」など、逸品が多数。

  • 実業家・小竹林二が蒐集した、ヨーロッパから里帰りした浮世絵コレクション

    紀州博物館(和歌山県)

    ヨーロッパなど海外から里帰りさせた歌麿、写楽、北斎、広重などの浮世絵と茶道具を主とした陶器を中心に、書画、印篭等の紀州の旧家に伝わる美術工芸品を展示。田辺湾を見下ろす大パノラマが広がる休憩室もある。

  • 世界に3点しかない葛飾北斎の美人大首絵をはじめ、初期の浮世絵から幕末、明治時代まで蒐集した実業家浦上敏朗のコレクション。

    山口県立萩美術館・浦上記念館(山口県)

    鈴木春信、鳥居清長、喜多川歌麿、写楽、葛飾北斎、歌川広重などの浮世絵版画と 中国、朝鮮の青磁や白磁などの東洋陶磁器を収蔵。萩市出身の実業家浦上敏朗氏の寄贈されたコレクションを基に開館した、浮世絵版画と東洋陶磁器専門の美術館。

  • 浮世絵を収蔵・展示する
    気になるその他の施設

  • 鉄道、洋装、レンガの建物・・・明治錦絵でわかる文明開化。

    ガスミュージアム(東京都)

    東京ガスが、くらしとガスのかかわりを紹介する歴史博物館。明治時代からのさまざまな「ガス器具類」約1,200点と、文明開化の様子を生き生きと伝えている「明治錦絵」を約400点収蔵。ガス灯館2階の「ギャラリー」で、文明開化の時代を描いた「錦絵」を中心に企画展を展開。

おすすめカテゴリー

美術館巡りを楽しもう!

NEW! 07.10掲載

ツリー下町界隈ミュージアム!

スカイツリー周辺の押上、両国のミュージアムを紹介します。

06.06掲載

ワンコインミュージアム!

入館料が500円以内で、充実した内容のミュージアムを紹介します。

05.01掲載

山手線で美術館巡りを!

山手線沿線、駅から歩いて15分以内で行ける美術館を紹介します。

04.01掲載

丸の内オフィス街にある美術館!

東京駅から歩いて15分以内で行ける、丸の内の個性豊かな美術館を紹介します。

北斎の肉筆画を所蔵する美術館

北斎の版画と共に肉筆画の優作が見られる美術館。

月曜日に開館している美術館を探すならこちら

月曜は美術館が休館日と思っていませんか。
複合施設や大学、企業のビルに併設している等で
月曜日に開館している美術館をご紹介。

雨の日に濡れずに行ける美術館を探すならこちら

駅に直結や地下道を通って行ける美術館をご紹介。
雨の日はゆっくりとアート鑑賞を楽しんでみては。

浮世絵がわかる本

一度は見たい
「浮世絵」名作100選

黄金期の美人画、肉筆の傑作、
黎明期の浮世絵・・・
名作を見逃していませんか。

広重と歩こう
東海道五十三次

本を片手に
日本橋から京都まで
東海道を歩いてみようか。

行ってみたい美術館が見つかる本

ぐるぐる♡博物館

TBS系「王様のブランチ」
で紹介され話題沸騰!

大人も楽しい
博物館に行こう

歴史、自然、鉄道
考古、科学等々
全国の博物館から
一押をご紹介。

2018年注目の展覧会を見つける!

日経おとなのOFF
2018年7月号
『今、見逃せない名画77』

2018年 夏、秋の美術展情報。
洋画、日本画の名作から
名刹の寺宝、前衛アートまで。

明治150年記念
華ひらく皇室文化
明治宮廷を彩る技と美

明治期の宮廷を彩った調度
染織、工芸等の作品の展覧会
開催中(巡回展)

あると便利、美術鑑賞のお役立ちアイテム

ビクセン(Vixen) 単眼鏡
マルチモノキュラー4×12

繊細な筆のタッチも
工芸品の細かな細工も
驚く程よく見える

K-Eleven シルクスカーフ 花柄
薄手 冷房対策

美術館の展示室で
寒く感じたことないですか
おしゃれな一枚を持って

ちょっと気になるアートグッズ

画家の生涯を映画で観る

ゴッホ [DVD]

生存中には絵が全く
売れなかったゴッホの生涯を
弟テオに宛てた手紙を基に
描いた作品

▲このページのトップへ