美術館、展覧会情報を発信するぶらり美術館

人間国宝の技を鑑賞できる美術館

陶芸、染色、漆芸、刀剣などの工芸家の中でも
重要無形文化財保持者として認定された作家の作品を所蔵・展示する美術館を紹介します。

東北
  • 東北地方の風土、そして東北の人と文化をこよなく愛していた芹沢銈介の作品と、 氏が集めた世界各国の工芸品が収蔵され公開展示されている。
    ◎主な所蔵品のうち人間国宝保持者と認定された「わざ」
     芹沢けい介/重要無形文化財「型絵染」の保持者に認定(昭和31年)

    東北福祉大学 芹沢銈介美術工芸館
    (宮城県 仙台市)

東京
  • 建物は1910年近衛師団指令部庁舎として建設、後に重要文化財に指定され、 1977年東京国立近代美術館 工芸館として開館。 明治以降今日まで、人間国宝を始めとする優れた作家の国内外の工芸作品を 染織、陶磁器、ガラス、漆工、木竹工、金工等の各分野にわたって展示。 企画展以外にも、国内外の工芸やデザインを代表する作家の作品を常時紹介する 「人間国宝・巨匠コーナー」がある。
    ◎主な所蔵品のうち人間国宝保持者と認定された「わざ」
     荒川豊蔵/重要無形文化財「瀬戸黒」の保持者に認定(昭和30年)
          重要無形文化財「志野」の保持者に認定(昭和30年)
     濱田庄司/重要無形文化財「民芸陶器」の保持者に認定(昭和30年)
     三輪休雪/重要無形文化財「萩焼」の保持者に認定(昭和58年) ※平成15年に三輪壽雪と号する
     関谷四郎/重要無形文化財「鍛金」の保持者に認定(昭和52年)
     清水幸太郎/重要無形文化財「長板中形」の保持者に認定(昭和30年)
     富本憲吉/重要無形文化財「色絵磁器」保持者に認定(昭和30年)
     黒田辰秋/重要無形文化財「木工芸」の保持者に認定(昭和45年)
     石黒宗麿/重要無形文化財「鉄釉陶器」の保持者に認定(昭和30年)
     芹沢けい介/重要無形文化財「型絵染」の保持者に認定(昭和31年)
     松田権六/重要無形文化財「蒔絵」の保持者に認定(昭和30年)
     平田郷陽/重要無形文化財「衣裳人形」の保持者に認定(昭和30年)
     森口華弘/重要無形文化財「友禅」の保持者に認定(昭和42年)
     喜多川平朗/重要無形文化財「羅」の保持者に認定(昭和31年)
           重要無形文化財「有職織物」の保持者に認定(昭和60年)

    東京国立近代美術館 工芸館(東京都)

関東
  • 県ゆかりの板谷波山、松井康成のコーナーをはじめ、富本憲吉、楠部彌弌、塚本快示など、 日本近現代陶芸において優れた業績を残した、文化勲章受章者及び重要無形文化財保持者等の作品を常設展示。 幅広い視野で多彩な企画展も開催している。
    ◎主な所蔵品のうち人間国宝保持者と認定された「わざ」
     松井康成/重要無形文化財「練上手」の保持者に認定(平成5年)
     富本憲吉/重要無形文化財「色絵磁器」保持者に認定(昭和30年)
     塚本快示/重要無形文化財「白磁・青白磁」保持者に認定(昭和58年)
     荒川豊蔵/重要無形文化財「志野」「瀬戸黒」保持者に認定(昭和30年)
     三浦小平二/重要無形文化財「青磁」保持者に認定(平成9年)
     金重陶陽/重要無形文化財「備前焼」保持者に認定(昭和31年)
     三輪壽雪/重要無形文化財「萩焼」保持者に認定(昭和58年)
     濱田庄司/重要無形文化財「民芸陶器」保持者に認定(昭和30年)

    茨城県陶芸美術館(茨城県)

  • 人間国宝(重要無形文化財保持者)に認定されている作家のなかから、 陶芸・人形・漆芸・金工などの名作、秀作を展示し、「日本の美」を鑑賞できる美術館。 また、湯河原在住の陶芸作家・細川護熙の作品を展示する特別室がある。
    ◎主な所蔵品のうち人間国宝保持者と認定された「わざ」
     加藤卓男/重要無形文化財「三彩」の保持者に認定(平成7年)
     荒川豊蔵/重要無形文化財「志野」「瀬戸黒」保持者に認定(昭和30年)
     井上萬二/重要無形文化財「白磁」の保持者に認定(平成7年)

    人間国宝美術館(神奈川県)

北陸
  • ぶな林に囲まれた小さな美術館。郷土にゆかりの深い作家である星襄一の木版画、藤巻秀正の彫刻、 人間国宝 天田昭次の日本刀を中心に収蔵し、年4回の企画展示を開催している。(常設展示はない)
    ◎主な所蔵品のうち人間国宝保持者と認定された「わざ」
     天田昭次/重要無形文化財「日本刀」の保持者に認定(平成9年)

    星と森の詩美術館(新潟県)

  • 日本を代表する高級漆器・輪島塗の産地に建つ漆工芸専門の美術館。 輪島塗りの歩み、人間国宝や芸術院会員をはじめとする現代の漆芸作家の作品、 アジアを中心とした各国の漆芸作品など、漆文化の発信基地として作品を豊富に展示。
    ◎主な所蔵品のうち人間国宝保持者と認定された「わざ」
     前 史雄/重要無形文化財「沈金」の保持者に認定(平成11年)
     前 大峰/重要無形文化財「沈金」の保持者に認定(昭和30年)
     赤地友哉/重要無形文化財「キュウ漆」の保持者に認定(昭和49年)
     大場松魚/重要無形文化財「蒔絵」の保持者に認定(昭和57年)

    石川県輪島漆芸美術館(石川県)

東海
  • 型絵染の人間国宝に認定された染色作家・芹沢けい介の美術館。 植物、動物、風景、文字などをモチーフにした帯、着物、のれん、屏風などの型絵染作品約800点と コレクション約4500点は年3回展示替え。建物の設計は白井晟一の代表作。
    ◎主な所蔵品のうち人間国宝保持者と認定された「わざ」
     芹沢けい介/重要無形文化財「型絵染」の保持者に認定(昭和31年)

    静岡市立芹沢銈介美術館(静岡県)

  • 縄文象嵌の人間国宝である島岡達三の陶芸作品や、長野出身の洋画家・栗林今朝男の絵画、 第二次世界大戦以前に日本で発売されたクラッシックを中心にした、 SPレコードのコレクションを収蔵。建物の設計は安藤忠雄。
    ◎主な所蔵品のうち人間国宝保持者と認定された「わざ」
     島岡達三/重要無形文化財「縄文象嵌」の保持者に認定(平成8年)

    小海町高原美術館(長野県)

  • 20年に一度行われる神宮式年遷宮を記念して建てられた美術館。 当代を代表する美術・工芸家から神宮に献納された絵画、書、彫塑、工芸などを収蔵、展示。 自然との調和を配慮した現代建築は日本芸術院会員の大江宏による設計。

    式年遷宮記念神宮美術館(愛知県)

関西
  • 世界文化遺産でもある、国宝・姫路城の真南に位置し、屋上からは姫路城の壮麗な姿が一望できる。 近現代の陶磁器、絵画の作品収集に力を注ぎ、人間国宝をはじめとする、優れた作家の陶磁器を約800点、 日本の代表的な巨匠絵画作品を約200点を所蔵。展覧会は年に4回程開催している。
    ◎主な所蔵品のうち人間国宝保持者と認定された「わざ」
     松井康成/重要無形文化財「練上手」の保持者に認定(平成5年)
     清水卯一/重要無形文化財「鉄釉陶器」の保持者に認定(昭和60年)
     島岡達三/重要無形文化財「縄文象嵌」の保持者に認定(平成8年)
     富本憲吉/重要無形文化財「色絵磁器」保持者に認定(昭和30年)
     濱田庄司/重要無形文化財「民芸陶器」の保持者に認定(昭和30年)
     金重陶陽/重要無形文化財「備前焼」保持者に認定(昭和31年)

    三木美術館(兵庫県)

おすすめカテゴリー

茶道工芸美術品

工芸の名品が観られる展覧会

おすすめ展覧会情報

全国の展覧会を探すならこちら 東京の展覧会を探すならこちら

ミュージアムトピックス

新規、リニューアルオープン美術館情報

2016年11月「すみだ北斎美術館」オープン!

横山大観の作品がある美術館

生涯のテーマにした大観の富士山に出会う

月曜日に開館している美術館を探すならこちら

月曜は美術館が休館日と思っていませんか。
複合施設や大学、企業のビルに併設している等で
月曜日に開館している美術館をご紹介。

雨の日に濡れずに行ける美術館を探すならこちら

駅に直結や地下道を通って行ける美術館をご紹介。
雨の日はゆっくりとアート鑑賞を楽しんでみては。

おすすめアート本

美術展&美術館ぴあ2017 (ぴあMOOK)

☆ 2017年の見逃せない美術展ガイドと、日本の美術館ベストガイドが1冊に!

出版社:ぴあ

販 売:amazon

浜田庄司―窯にまかせて (人間の記録 (50))

☆益子焼で知られる陶芸家・浜田庄司。その生いたちから陶芸家を志した青春時代、創作活動、海外での文化交流までを自ら綴った自伝。

著 者:浜田庄司

出版社:日本図書センター

販 売:amazon

あると便利、美術鑑賞のお役立ちアイテム

[スケッチャーズ] SKECHERS GO FLEX 14010 BBK (ブラック/US 6.5)

☆ 美術館賞は立ち止まったり歩いたり、案外つかれるもの。歩きやすい靴で出掛けましょう。

ブランド:スケッチャーズ

販  売:amazon

- PR -

ジャパネットたかた メディアミックスショッピング
日比谷花壇_2017年_母の日キャンペーン_ペア食事券プレゼント
▲このページのトップへ