[近畿] 京都府大阪府兵庫県奈良県滋賀県和歌山県

ぶらり出掛けたい!大阪府の美術館

[2018.3.21]小林美術館を掲載しました

大阪市

  • 大阪市中之島の国立国際美術館

    国立国際美術館
    (大阪府・大阪市中区)

    >国内外の現代美術を収蔵・展示し、現代美術を発信する美術館として国内外の美術の動向を幅広く紹介。2004年11月に万博公園より大阪市中之島に移転。竹の生命力と現代美術の発展・成長をイメージした外観デザインを有す完全地下型の美術館。
    個性豊かな建物の美術館 恋人同士で行ってみたい美術館 現代美術作品を紹介する美術館

  • 大阪市阿倍野のあべのハルカス美術館

    あべのハルカス美術館
    (大阪府・大阪市阿倍野)

    大阪屈指のターミナル立地に位置し、百貨店、オフィス、ホテルなどを擁する複合ビル「あべのハルカス」内の16階にある。誰もが気軽に芸術・文化を体験し楽しめる都市型美術館。近鉄沿線の文化財をはじめ、日本・東洋美術、西洋美術、現代美術まで、幅広い時代やジャンルのアートを紹介している。

  • 大阪市立美術館
    (大阪府・大阪市天王寺区)

    中国絵画、石仏を中心にした東洋美術と、仏教美術、光琳資料、近世の漆工芸からなる日本美術が コレクションの柱。エジプトのコプト美術やイタリアのエトルリア美術などの今日では得難い館蔵品も。 昭和11年に開館した歴史ある美術館。

  • 大阪市立東洋陶磁美術館
    (大阪府・大阪市北区)

    中国(漢~唐時代、宋・元唐時代、明時代)、韓国(高麗時代・朝鮮時代)を中心に、 日本、ベトナムなどの多くの陶磁作品や資料を時代別に、11の展示室でわかりやすく常設展示している。 企画展示室もあり特別展も多彩に開催。
    ※施設改修工事のため、2015年4月3日まで休館中。

  • 湯木美術館
    (大阪府・大阪市中央区)

    日本料理店「吉兆」の創業者であり、数寄者でもあった湯木貞一の茶道具のコレクションを収蔵、展示。 奈良時代から江戸時代にわたる優れた美術品や名物茶器を蔵し、「石山切」、「志野茶碗 銘広沢」など 重要文化財11点、重要美術品3点を含む。

  • 上方浮世絵館
    (大阪府・大阪市中央区)

    上方(京・大坂)で作られた上方浮世絵を常設展示する私設美術館。 江戸の浮世絵師の作品とは異なり、役者を美化せず、人間味を描くところに特徴があるという。 「OSAKA PRINTS」として大英博物館など世界の著名な美術館に収蔵されている。

  • 上方浮世絵館
    (大阪府・大阪市中央区)

    東洋古美術全般 国宝9点・重要文化財50点・重要美術品2点を含む約5000点を収蔵。 絵画・書跡・陶磁器・彫刻・漆工・金工・染織など多岐にわたる。 春季展・秋季展を収蔵品の中からテーマを決めて公開。常設展は行っていない。

大阪市以外のエリア

  • 小林美術館(大阪府・高石市)

    2016年6月、美しい松林が残る浜寺公園の隣に開館した日本画を主とする美術館。 日本画において文化勲章を受章した作家39名の作品をはじめ 明治期以降の日本画、梅原龍三郎などの洋画を収蔵、展示している。 庭園を眺めながら珈琲を味わえるカフェも併設。

  • 逸翁美術館(大阪府・池田市)

    明治、大正、昭和の実業界で活躍した小林一三の収集した国の重要文化財、重要美術品の古美術品を公開。 なかでも蕪村、呉春のコレクションが有名。 昭和11年に建てられた旧邸「雅俗山荘」をそのまま美術館にしている。館名は小林一三の雅号「逸翁」から。

  • スキュルチュール江坂
    (大阪府・吹田市)

    JR新大阪駅から車で10分。複合施設「アメニティ江坂」の中に設けられた緑地庭園の一角にあり、 マイヨール、ロダンなど、近代・現代彫刻の作品だけを集めた美術施設。 稀少価値の高いデスピオのデッサンやアフリカ彫刻も展示している。

  • 大阪府立近つ博物館
    (大阪府・河内郡河南町)

    「近つ飛鳥」は今の大阪府羽曳野市飛鳥を中心とした地域。古墳時代から飛鳥時代の「近つ飛鳥」と 朝鮮半島、中国大陸との交流。古墳を築いた集団から古代律令国家への道程。 文化財の保存や調査・分析に応用されている現代科学と文化遺産を紹介。

  • 和泉市久保惣記念美術館
    (大阪府・和泉市)

    日本、中国をはじめとする東洋古美術の美術館。現在の収蔵品は国宝2点、重要文化財28点を含む 総数約5000点。常設展示として中国工芸品とモネやルノワールなどの西洋絵画を公開している。 日本庭園や茶室を散策しながら名品を鑑賞したい。

  • 正木美術館
    (大阪府・泉北郡忠岡町)

    鎌倉、室町時代の水墨画の作品群を主とした水墨画専門の美術館。 展覧会は毎年春季展と秋季展の2回実施。 展示は水墨画、墨蹟といった禅宗文化の遺作を中心に、 それと調和する工芸品、彫刻、茶道具とを組み合わせにより、テーマ展を催している。

東京周辺の美術館〈丸の内〉

[New] 05.01 山手線で美術館巡りを!

東京周辺の美術館〈丸の内〉

東京駅周辺、丸の内の美術館特集!

月曜日に開館している美術館を探すならこちら

月曜は美術館が休館日と思っていませんか。
複合施設や大学、企業のビルに併設している等で
月曜日に開館している美術館をご紹介。

雨の日に濡れずに行ける美術館を探すならこちら

駅に直結や地下道を通って行ける美術館をご紹介。
雨の日はゆっくりとアート鑑賞を楽しんでみては。

行ってみたい美術館が見つかる本

フランス人がときめいた
日本の美術館

フランス人美術史家による
「本当に訪ねる価値のある」
美術館のガイドブック

2018年注目の展覧会を見つける!

美術展完全ガイド2018

2018年の美術展の中から
注目の展覧会をご案内

あると便利、美術鑑賞のお役立ちアイテム

ビクセン 単眼鏡
アートスコープ
H4×12 レッド

繊細な筆のタッチも
工芸品の細かな細工も
驚く程よく見える

ちょっと気になるアートグッズ

自宅でアート鑑賞

びじゅチューン!
DVD BOOK4

美術作品を題材にした
ユニークなNHK Eテレの
番組がDVDになった!

MoMA STORE
▲このページのトップへ