[近畿] 京都府大阪府兵庫県奈良県滋賀県和歌山県

ぶらり、出掛けたい!京都府の美術館

京都府

京都府広報監
まゆまろ
©京都府 まゆまろ 14010

[2018.7.11]京都国際まんがミュージアムを掲載しました

    東山区

  • 河井寛次郎記念館(京都府・京都市東山区)

    大正から昭和にかけて京都を拠点に活躍した陶芸作家 河井寛次郎の作品を手で触れて感じることができる記念館。 陶工でありながらその仕事は陶器に留まることなく、木彫、さらには家具や調度品まで、 寛次郎が生前、日々の生活の中に求めていた美を堪能できる。
    やきものを鑑賞できる美術館

  • 京都国立博物館(京都府・京都市東山区)

    明治30年「帝国京都博物館」として開館し、昭和27年「京都国立博物館」と改称された国立の博物館。 京都に伝来した美術作品や文化財、また日本・東洋の古美術品や埋蔵文化財などを収蔵。 また、平常展示館では、考古遺物・陶磁器・仏像を中心とする彫刻作品や 古代から近世にかけての絵画・書跡・染織・漆工・金工などの美術工芸品を展示。
    子供と楽しめる美術館

  • 何必館・京都現代美術館
    (京都府・京都市東山区)

    山口薫、村上華岳、北大路魯山人を中心に近代、現代の絵画・工芸・写真等を収蔵、展示。 春と秋には全館を使って特別企画展を開催。 美術品がより美しく見えるように照明、壁面にも注意をはらい、観賞空間を設定している。

    上京区

  • 樂美術館(京都府・京都市上京区)

    1978年、樂家に隣接して設立された樂焼の美術館。所蔵品は約900点。 初代長次郎から始まって十五代、樂家に伝来する樂歴代作品、茶道工芸美術、 樂家文書資料などを季節ごとテーマに沿った展観を行っている。
    やきものを鑑賞できる美術館

  • 承天閣美術館(京都府・京都市上京区)

    京都五山第二位に列せられる名刹相国寺境内にある美術館。 収蔵品は鎌倉・室町から江戸期にわたる墨蹟・絵画や工芸品が主で、 国宝4点・重要文化財111点を含む数百点を数え、茶道具も多く収蔵。 順次入替しながら常時展示している。伊藤若沖の芭蕉図と葡萄図が常設。

    北区

  • 高麗美術館(京都府・京都市北区)

    三国時代(~七世紀)から李朝末期までの朝鮮(韓国)の風土で育った「美」を堪能できる美術館。 企画展は春と秋の年2回。平常展は青磁・白磁など高麗から李朝に至るまでの歴史を展示。 他に、仏教美術品、家具、絵画などを展示している。
    やきものを鑑賞できる美術館

  • 京都府立堂本印象美術館
    (京都府・京都市北区)

    京都出身の日本画家、堂本印象の作品を展示する美術館。大正8年第1回帝展入選後、日本画壇で活躍。 昭和30年以降、日本画から抽象画の世界に入るという華麗な変遷は日本画壇を驚かせた。 美術館は外観から内部まで印象自らの意匠によってつくられている。

    左京区

  • 京都/京都工芸繊維大学 美術工芸資料館

    京都工芸繊維大学美術工芸資料館
    (京都府・京都市左京区)

    京都工芸繊維大学の附属教育研究施設として開館した資料館。 所蔵品は、前身校の一つである京都高等工芸学校創立以来の教材としての 収集品が主で、ポスター・版画、絵画、彫刻、金工、漆工、陶磁器、 染織品、考古品、建築図面等多岐にわたるが 現在でも引き続きポスターコレクションの充実には力を入れており、 常設展示と企画展示を通じ一般に公開している。

  • 京都/京都市美術館

    京都市美術館(京都府・京都市左京区)

    昭和8年に、日本で二番目の大規模公立美術館として 京都市の岡崎公園に開設された洋風建築の美術館。 明治以降の京都を中心とした美術・工芸品を所蔵・展示している。 別館は昭和5年に京都市公会堂東館として建てられた建物を改修したものである。

  • 京都国立近代美術館(京都府・京都市左京区)

    国内外の近・現代美術に関する作品と、京都及び西日本を中心とする京都派の日本画、 京都近代の洋画などを収集、展示。なかでも陶芸、染織など工芸に重点を置く。 琵琶湖疎水に面したカフェは、桜の季節には疎水べりの桜を愛でるスポットとして人気。

  • 白沙村荘 橋本関雪記念館
    (京都府・京都市左京区)

    大正から昭和にかけて活躍した日本画家、橋本関雪の自宅兼アトリエ「白沙村荘」を記念館に。 関雪の作品、コレクション、素描、余技などを常時展示。 庭園内にはアトリエの他、茶室が建てられ、随所に関雪が蒐集した石造美術品が配置されている。

  • 細見美術館(京都府・京都市左京区)

    コレクションは愛染明王像(平安時代)をはじめ30数件の重要文化財が含まれ、 日本美術のほとんどすべての分野、時代を網羅。各季節、多彩な企画展を開催。 建物の設計は大江匡。最上階は数寄屋建築の名匠、中村外二による展望茶室「古香庵」も。

  • 野村美術館(京都府・京都市左京区)

    野村証券、大和銀行などの金融財閥を一代にして築き上げた野村徳七のコレクションをもとに開設される。 徳七は茶の湯と能に深く傾倒したため、茶の湯に関係の深い掛軸、花器、器や 能に関する美術工芸品を展示している。
    茶道工芸美術品を中心にした美術館

  • 泉屋博古館(京都府・京都市左京区)

    住友家が蒐集した美術品を展示する美術館。15代当主春翠が蒐集した中国古代の青銅器、鏡鑑の他、 中国・日本の絵画書跡、茶道具・文房具を中心とする工芸品なども幅広く収蔵。 館蔵青銅器を常設で4つの展示室に分けて陳列している。
    茶道工芸美術品を中心にした美術館

  • 京都精華大学ギャラリーフロール
    (京都府・京都市左京区)

    芸術学部、デザイン学部、マンガ学部などのある京都精華大学キャンパス内にある美術館。 絵画・素描、版画、立体造形、工芸、マンガ原画を始めとする美術作品や民俗資料を所蔵し、 国内外の作家による展覧会のほか、教員や学生、卒業生の展覧会も開催している。

    下京区

  • 風俗博物館(京都府・京都市下京区)

    源氏物語を通して当時の貴族の風俗や生活を知ることができるユニークな風俗博物館。 十二単等の衣装や調度品、また室内等を再現して立体的に源氏物語の世界を体感できる。

美術館巡りを楽しもう!

NEW! 07.10掲載

ツリー下町界隈ミュージアム!

スカイツリー周辺の押上、両国のミュージアムを紹介します。

06.06掲載

ワンコインミュージアム!

入館料が500円以内で、充実した内容のミュージアムを紹介します。

05.01掲載

山手線で美術館巡りを!

山手線沿線、駅から歩いて15分以内で行ける美術館を紹介します。

04.01掲載

丸の内オフィス街にある美術館!

東京駅から歩いて15分以内で行ける、丸の内の個性豊かな美術館を紹介します。

月曜日に開館している東京の美術館!

六本木、上野、渋谷など人気のエリアにも、月曜日開館の美術館があります。

駅から雨に濡れずに美術館へGO!

駅に直結、地下道を通ってなど、駅から濡れずに美術館へ行けるのがうれしい。

行ってみたい美術館が見つかる本

フランス人がときめいた
日本の美術館

フランス人美術史家による
「本当に訪ねる価値のある」
美術館のガイドブック

2018年注目の展覧会を見つける!

美術展完全ガイド2018

2018年の美術展の中から
注目の展覧会をご案内

あると便利、美術鑑賞のお役立ちアイテム

ビクセン 単眼鏡
アートスコープ
H4×12 レッド

繊細な筆のタッチも
工芸品の細かな細工も
驚く程よく見える

ちょっと気になるアートグッズ

自宅でアート鑑賞

びじゅチューン!
DVD BOOK4

美術作品を題材にした
ユニークなNHK Eテレの
番組がDVDになった!

- PR -

▲このページのトップへ