ぶらり、出掛けたい!北海道の美術館

[2018.5.22]
安田侃彫刻美術館 アルテピアッツァ美唄
を掲載しました

    道南エリア

  • 北海道立函館美術館(北海道・函館市)

    道南地域に係わりの深い作家たちの作品の展示をはじめ、中国・朝鮮などの東洋美術や 日本を代表する書家・金子鴎亭の鴎亭記念室、カリグラフィーやタイポグラフィ-に大別される 文字と現代における美術作品などテーマごとに展示している。
    「書」を展示する美術館

    オホーツクエリア

  • 網走市立美術館(北海道・網走市)

    オホーツクを描き続けた網走出身の画家・居串佳一常設展示をはじめ、郷土作家とその周辺作家たちの油彩画、 水彩画、版画、素描、日本画、彫刻、工芸作品と幅広く収集・展示している。 前庭には本郷新や佐藤忠良などの有名彫刻家のブロンズ像も。

  • ちゃちゃワールド(北海道・紋別郡遠軽町)

    からくりおもちゃ・あやつりおもちゃ・くるみ割り人形など世界40カ国の木のおもちゃの展示館と、 北海道のこびと伝説「コロポックル」を題材にした、藤城清治のコロポックル影絵美術館。

    十勝エリア

  • 北海道立帯広美術館(北海道・帯広市)

    神田日勝、能勢眞美、矢柳剛など十勝、釧路、根室、網走の道東ゆかりの作家の作品、 近現代の版画やポスターを中心としたプリントアート、 農村風景・風俗を主題とした西洋の美術作品を収集展示。

  • 福原記念美術館(北海道・河東郡鹿追町)

    洋画の斉藤斎と日本画の藤井範子の作品を中心に、洋画、日本画、掛け軸、 彫刻、書などの「日本の美」を5つの展示室で鑑賞することができる個人美術館。 屋外にも彫刻作品が展示され、巨大で珍しい十勝石や 樹齢1000年のいちいの木などと共に楽しめる。

美術館巡りを楽しもう!

NEW! 07.10掲載

ツリー下町界隈ミュージアム!

スカイツリー周辺の押上、両国のミュージアムを紹介します。

06.06掲載

ワンコインミュージアム!

入館料が500円以内で、充実した内容のミュージアムを紹介します。

05.01掲載

山手線で美術館巡りを!

山手線沿線、駅から歩いて15分以内で行ける美術館を紹介します。

04.01掲載

丸の内オフィス街にある美術館!

東京駅から歩いて15分以内で行ける、丸の内の個性豊かな美術館を紹介します。

月曜日に開館している東京の美術館!

六本木、上野、渋谷など人気のエリアにも、月曜日開館の美術館があります。

駅から雨に濡れずに美術館へGO!

駅に直結、地下道を通ってなど、駅から濡れずに美術館へ行けるのがうれしい。

2018~2019 注目の展覧会!

一個人
2018年9月号

読んでみたい!アート小説

たゆたえども沈まず

明治時代に活躍した
日本の美術商と
ゴッホが出会った。

ちょっと気になるアートグッズ

ファーバーカステル
水彩色鉛筆
平缶 36色セット

塗りやすい!

▲このページのトップへ