美術館、展覧会情報を発信するぶらり美術館
[中部] 静岡県山梨県長野県 岐阜県愛知県三重県

ぶらり、出掛けたい!岐阜県の美術館

岐阜県 美術館

「清流の国ぎふ」マスコットキャラクター
ミナモ
© 岐阜県 清流の国ぎふ・ミナモ #0103

    岐阜エリア

  • 兄弟であり、ともに日本画壇の重鎮として活躍した、岐阜県出身の加藤栄三・加藤東一の作品を 常設展示する美術館。栄三の「BANTING」や東一の「女人」などの代表作を含む作品を展示している。 岐阜公園内に建つ土蔵風の白壁の建物。

    加藤栄三・東一記念美術館(岐阜県・岐阜市)

  • 洋画ではルノワールの「坐せる浴女」「裸婦」、日本画では岸田劉生の「村娘於松の弟像」 橋本閑雪の「瑞禽」をはじめ、彫塑・陶磁器・工芸品など、幅広く収蔵。 常設展示(春夏秋冬及び企画展に併せて作品展示)や企画展を開催している。

    三甲美術館(岐阜県・岐阜市)

    東濃エリア

  • 歌川広重「木曽海道六拾九次之内」、「東海道五十三次之内(行書東海道)」をはじめ、広重 とともに幕末の浮世絵界を彩った歌川国芳による「木曽街道六十九次之内」など、 主に「広重」と「木曽街道(中山道)」をテーマにした美術館。

    中山道広重美術館(岐阜県・恵那市)

  • 古代から近世まで約1000年の美濃焼の流れ、安土桃山時代に開花した 志野、織部、黄瀬戸、瀬戸黒、天目などの桃山陶、現代の美濃陶芸などのやきものの展示。 また美濃焼及び他産地のやきものを、年4~5回を企画し展示している。

    多治見市美濃焼ミュージアム
    (岐阜県・多治見市)

  • 陶器の製造過程の紹介、日本各地から集められた昭和初期、戦前、戦後の子供茶碗や、 赤胴鈴之助からポケモンまでのキャラクター商品の常設展示。 またミッフィーでちびっ子に人気のデック・ブルーナ、五味太郎の作品も常設展示している。

    こども陶器博物館(岐阜県・多治見市)

    飛騨エリア

  • 16世紀(ヴェネチアン・グラス)をはじめ、20世紀モダニズムまでの500年のガラスの歴史、 アール・ヌーボーとアール・デコのガラス、家具や照明器具などの装飾、 応用美術を中心とした装飾美術の世界を展示するガラスの総合美術館。

    飛騨高山美術館(岐阜県・高山市)

  • 明治15年、当時の名工・川尻治助が建てた飛騨の農家造りの美術館。 豪快な梁組、持ち送り彫刻、鴨居、スノコ板張りなどから飛騨の匠の技をみることができる。 館内には日本画家・田上修の作品の展示室も。

    民芸ミュージアム匠の館(岐阜県・高山市)

おすすめ展覧会情報

全国の展覧会を探すならこちら 東京の展覧会を探すならこちら

開催が待ち遠しい!注目の巡回展

ベルギー奇想の系譜
ボスからマグリット、ヤン・ファーブルまで

展覧会「 ベルギー奇想の系譜ボスからマグリット、ヤン・ファーブルまで」のイメージ画像

兵庫県立美術館(兵庫県)
5月20(土)〜7月9日(日)

Bunkamura ザ・ミュージアム(東京都)
7月15日(土)〜9月24日(日)

ミュージアムトピックス

新規、リニューアルオープン美術館情報

2016年11月「すみだ北斎美術館」オープン!

シャガールの作品がある美術館

愛の画家シャガールに出会う

月曜日に開館している美術館を探すならこちら

月曜は美術館が休館日と思っていませんか。
複合施設や大学、企業のビルに併設している等で
月曜日に開館している美術館をご紹介。

雨の日に濡れずに行ける美術館を探すならこちら

駅に直結や地下道を通って行ける美術館をご紹介。
雨の日はゆっくりとアート鑑賞を楽しんでみては。

おすすめアート本

感動! の美術展・美術館 (日経ホームマガジン)

☆ 一生に一度は見たい 名画のある美術館、2017年 春からの必見50展 見どころ紹介など

出版社:日経BP社

販 売:amazon

婦人画報 2017年 04月号

☆ 日本列島アート花盛り! 2017年はアートの当たり年、注目の展覧会ベスト10 をご紹介。

出版社:ハースト婦人画報社

販 売:amazon

自宅でアート鑑賞、イチオシDVD

美術館を手玉にとった男 DVD

☆ 100点以上の贋作を制作し、それらを無償で寄贈していた稀代の贋作画家マーク・ランディスの素顔を追うドキュメンタリー!

販売:amazon

MoMA STORE
▲このページのトップへ