[北陸] 新潟県富山県石川県福井県

ぶらり、出掛けたい!富山県の美術館

富山県

元気とやまマスコット
きときと君
知政25第14号

[2018.4.3 更新]森記念秋水美術館を掲載しました
[2018.2.5 更新]富山市ガラス美術館を掲載しました
[2018.1.23 更新]富山県美術館を掲載しました

    富山エリア

  • 曇りのない研ぎ澄まされた日本刀を意味する「秋水」を名称にした、全国でも有数の刀剣を所蔵する美術館。重要文化財の刀剣をはじめ、かつて刀剣の産地であった富山県の越中刀工の作品、刀装具、甲冑、鍔などを所蔵、展示。 他に横山大観などの日本近代美術、中国の絵画、書を所蔵。鎧や兜をイメージした外観が特徴的。

    森記念秋水美術館(富山県・富山市)

  • 2017年8月富山県立近代美術館が富山県美術館と名称変更し、富岩運河環水公園に移転新築。20世紀以降の国内外の近現代美術作品、ポスターや椅子等のデザイン作品を収蔵、展示。屋上庭園「オノマトペの屋上」では“ぐるぐる”“ひそひそ”など擬音語から連想した遊具で楽しめる。

    富山県美術館(富山県・富山市)

  • 「ガラスの街とやま」をめざし、図書館との複合施設「TOYAMAキラリ」内にある現代ガラスを中心に紹介する美術館。 現代ガラスの巨匠デイル・チフーリによる色彩やかな空間芸術「グラス・アート・ガーデン」や市所蔵の現代ガラス作品を常設で展示し、企画展も開催。 美術館と図書館のパブリックスペースには富山ゆかりの作家の作品を展示。 建築家隈研吾氏設計の建物の外観は、御影石、ガラス、アルミを組み合わせ立山連峰をイメージさせる。

    富山市ガラス美術館(富山県・富山市)

  • 竹内栖鳳、横山大観、川合玉堂など近代の優れた水墨画や、富山県ゆかりの篁牛人、豊秋半ニなどの作品を展示。富山出身で日本を代表する作家として、現在注目を集める一人である下保昭の水墨画も常設展示。

    富山県水墨美術館(富山県・富山市)

    高岡エリア

  • 伝統と創造が織りなすひらかれた美術館をめざし、平成6年9月にオープン。 個性的な企画展を開催するとともに、美術工芸、金属造形を中核とした 特色ある常設展示を開催している。 また、あらゆる美術・工芸分野から郷土にゆかりの深い作家や、 郷土美術・工芸に大きな影響を与えた作家の作品を系統的に収集・保存している。

    高岡市美術館(富山県・高岡市)

    入善、朝日町エリア

  • 1996年に国の「登録有形文化財」に指定された、大正時代に建てられたの 煉瓦造りの発電所を美術館としている。 広い空間を生かし、現代美術の立体造形を中心にした展覧会を開催している。

    下山芸術の森 発電所美術館
    (富山県・下新川郡入善町)

  • 古代から近代にわたる日本と東洋の絵画、工芸、書、彫刻など幅広い美術品を収蔵。 特に江戸初期に活躍した陶芸家、野々村仁清のコレクションは貴重。 隣接して縄文遺跡住居を復元した公園もある。

    百河豚美術館(富山県・下新川郡朝日町)

    南砺エリア

  • 南砺市(旧福光町)出身の作家である日本画家・石崎光瑤や、彫刻家・松村秀太郎の作品展示と、 板画家・棟方志功が6年間福光に滞在したおり福光の風景を描いた作品を常設展示。 年間多くの企画展を開催している。

    南砺市立福光美術館(富山県・南砺市)

東京周辺の美術館〈丸の内〉

[New] 04.07 東京駅周辺、丸の内の美術館特集!

月曜日に開館している美術館を探すならこちら

月曜は美術館が休館日と思っていませんか。
複合施設や大学、企業のビルに併設している等で
月曜日に開館している美術館をご紹介。

雨の日に濡れずに行ける美術館を探すならこちら

駅に直結や地下道を通って行ける美術館をご紹介。
雨の日はゆっくりとアート鑑賞を楽しんでみては。

おすすめアート本

東京からちょっと旅
ちいさな美術館めぐり

* 箱根・富士五湖・安曇野・軽井沢等個性ある小さな美術館を紹介。
撮影OK、素敵なカフェ、建築や絶景が楽しめるなど多彩な情報も。

世界のエリートは
なぜ「美意識」を
鍛えるのか?
経営における
「アート」と
「サイエンス」

* ビジネスには
アート=感性が必要。
ベストセラーの一冊。

あると便利、美術鑑賞のお役立ちアイテム

Ladysカーディガン
DSkira 春夏秋 薄手
UVカット 7分袖 11色

☆ 美術館では展示室の室温が低めなので寒く感じることも。カバンに一枚用意してお出掛けを。

MoMA STORE
▲このページのトップへ