[東北] 青森県岩手県秋田県宮城県山形県福島県

ぶらり、出掛けたい!青森県の美術館

青森県®

あおもり観光マスコットキャラクター
いくべぇ
青観連第 262号


  • 青森県/青森県立美術館

    青森県立美術館(青森県 青森市)

    青森県三内丸山遺跡の発掘現場から着想を得たという建物は、気鋭の建築家青木淳氏が設計。約9m×15mのシャガールの巨大なバレエ「アレコ」 の舞台背景画をはじめ、奈良美智、棟方志功、寺山修司など青森県出身アーティストの作品が鑑賞出来る。青森ならではの芸術創造の現場を体感出来る空間。
    有名建築家が設計した美術館

  • 青森県/十和田市現代美術館

    十和田市現代美術館(青森県 十和田市)

    十和田市による「Arts Towada」計画の中核施設としてオープンした美術館。現代美術のアーティストによる作品を常設展示する個々の展示室を「アートのための家」として独立させ、敷地内に建物を分散して配置し、それらをガラスの廊下でつなげるユニークな展示方法をとっている。
    現代美術作品を紹介する美術館 有名建築家が設計した美術館

  • 新渡戸記念館(青森県 十和田市)

    三本木原開拓に力をそそいだ新渡戸傳をはじめとする先人たちの歴史と、 国際親善に大きな足跡を残した新渡戸稲造博士の業績を、それらの関係資料の調査、収集、保存、展示している。 新渡戸稲造は1984年(昭和59)五千円札の肖像画となっている。
    歴史上の人物を紹介する美術館

  • 棟方志功記念館(青森県 青森市)

    青森を愛し、一枚の板に魂を彫り続けた青森県出身の板画家、棟方志功。 板画制作に最も情熱を傾けていた初期から中期にかけての代表的な板画作品をはじめ、 倭画・油絵・書などを収蔵。年4回の展示替えを行って画伯の幅広い芸業を紹介している。

  • 中泊町博物館(青森県 中泊町)

    常設展示の通史ゾーンは原始、古代、中世、近世、近現代まで5つのゾーンに分けられていて、 実物資料、模型、映像、レプリカなどから中里町を取り巻く津軽半島の歴史を体感、体験できる。

  • 八戸市博物館(青森県 八戸市)

    縄文の里・八戸の歴史を、土偶など出土した資料を展示する考古展示室、 根城南部家に伝わる古文書などの資料から紹介する歴史展示室、 八戸の人びとの生活の様子を紹介する民俗展示室、無形資料の展示室に分類し紹介している。

  • 立佞武多の館(青森県 五所川原市)

    大型立佞武多を常時観覧できる他、併設の製作所では、巨大ネプタの製作現場も見学できる。 また津軽の民工芸の製作体験もでき、最上階の展望ラウンジでは、岩木山、津軽平野の展望を 食事とともに楽しめる。美術展示ギャラリーでは青森県に縁のある作家の作品を展示。

美術館巡りを楽しもう!

NEW! 07.10掲載

ツリー下町界隈ミュージアム!

スカイツリー周辺の押上、両国のミュージアムを紹介します。

06.06掲載

ワンコインミュージアム!

入館料が500円以内で、充実した内容のミュージアムを紹介します。

05.01掲載

山手線で美術館巡りを!

山手線沿線、駅から歩いて15分以内で行ける美術館を紹介します。

04.01掲載

丸の内オフィス街にある美術館!

東京駅から歩いて15分以内で行ける、丸の内の個性豊かな美術館を紹介します。

月曜日に開館している東京の美術館!

六本木、上野、渋谷など人気のエリアにも、月曜日開館の美術館があります。

駅から雨に濡れずに美術館へGO!

駅に直結、地下道を通ってなど、駅から濡れずに美術館へ行けるのがうれしい。

2018~2019 注目の展覧会!

一個人
2018年9月号

読んでみたい!アート小説

たゆたえども沈まず

明治時代に活躍した
日本の美術商と
ゴッホが出会った。

ちょっと気になるアートグッズ

ファーバーカステル
水彩色鉛筆
平缶 36色セット

塗りやすい!

▲このページのトップへ