美術館、展覧会情報を発信するぶらり美術館

茶道工芸美術品
中心にした美術館

茶碗、茶杓、掛け軸などの
茶道具を主に所蔵する
茶道工芸美術品の美術館を紹介します。
茶の湯に使われる道具には
重要文化財に指定されているものもあり
展覧会で鑑賞するのも楽しいでしょう。

東北
  • 江戸時代に本間家の別荘として築造された「清遠閣」、昭和43年に建てられた新館、 そして鶴舞園と呼ばれる廻遊式庭園からなる美術館。 本間家に伝わる庄内藩酒井家、米沢藩上杉家など東北諸藩からの拝領品を中心に展示している。 

    本間美術館(山形県)

東京
  • 茶碗、茶入、茶杓などの茶道具を中心に、中国陶磁器、絵巻と古筆、墨跡、古写経、銅鏡、刀剣など 日本と東洋の古美術を展示。国宝、重要文化財を含む4000点余りの美術品を1年に6~7回の展示替え。 中でも国宝「源氏物語絵巻」や「紫式部日記絵巻」は有名。2012年10月リニューアルオープン。

    五島美術館(東京都)

  • 絵画、 書跡、彫刻、陶磁、漆芸、金工、木竹工、染織など、東洋古美術品を多岐に渡り収蔵し、 国宝、重要文化財等も多数みられる。 創立者の根津嘉一郎自ら青山と号して茶の湯をたのしみ、多くの名物茶器を収集したことから、 茶の湯の道具が充実しており日本を代表する茶の美術館として知られている。 施設内の広大な自然味の深い庭園の散策も楽しめる。

    根津美術館(東京都)

  • 「茶の湯の美術館」として知られ、茶道具を中心に書画、陶磁、漆芸、能装束など 日本、中国、朝鮮の古美術品を展示公開。収蔵品は国宝6件、重要文化財32件を含む約1300件。 年4回、作品を取り合わせて展示している。

    畠山記念館(東京都)

  • 重要文化財の三井本館の中に創られ、三井グループで知られる三井家が 江戸時代から収集した美術品4000点を収蔵展示する美術館。 所蔵品は国宝、重文など名品優品が含まれる茶道具類を主とし、他にも円山応挙をはじめとする円山派の絵画 中国古拓本の聴氷閣コレクション、書跡、能面などを所蔵。

    三井記念美術館(東京都)

東海
  • 本阿弥光悦作「国宝・白楽茶碗(銘不二山)」をはじめ茶道具を中心とする工芸品、絵画、書蹟など 国宝・重要文化財・重要美術品29点を含む600点あまりの古美術品と シャガール、ルノワールなどの近・現代西洋絵画を収蔵、展示。

    サンリツ服部美術館(長野県)

  • コレクションの中心は、明治以降の近代日本画と茶碗、花入などの茶道具、更に日本洋画と現代陶芸など。 テーマ展示では茶道具の展覧会も行われる。茶会のできる茶室のある庭園には四季を通して季節の花が咲き誇り また回遊式の庭園には様々な形態の燈籠が点在、散策が楽しめる。

    桑山美術館(愛知県)

関西
  • 野村証券、大和銀行などの金融財閥を一代にして築き上げた野村徳七のコレクションをもとに開設される。 徳七は茶の湯と能に深く傾倒したため、茶の湯に関係の深い掛軸、花器、器や 能に関する美術工芸品を展示している。椅子に腰掛けて、気楽に抹茶を楽しめる立礼茶席がある。

    野村美術館(京都府)

  • 住友家が蒐集した美術品を展示する美術館。 15代当主春翠が蒐集した中国古代の青銅器、鏡鑑の他、中国・日本の絵画書跡、茶道具・文房具を中心とする 工芸品なども幅広く収蔵。館蔵青銅器を常設で4つの展示室に分けて陳列している。

    泉屋博古館(京都府)

  • 代々の清右衛門が精進を重ね、工夫を凝らした茶の湯釜の伝統と様式を、広く公開するために開設。 400年にわたって選ばれた名品を展示するだけでなく、 京釜鑑賞茶会、京釜文化講演会など 茶の湯釜に関する研究や発表の場としても活用される。館内には茶室がありお茶会に利用できる。

    大西清右衛門美術館(京都府)

中国
  • 江戸時代後期の大名茶人、松江藩七代藩主・松平不昧公の愛蔵品の茶器をはじめ、書、花入、茶杓など 公自らの作品や「不昧公お好み道具」と呼ばれる公の注文品、楽山焼・布志名焼などの郷土の工芸品など 茶道に関する美術品を常設展示している。

    田部美術館(島根県)

おすすめカテゴリー

茶道具が観られる、おすすめ展覧会

おすすめ展覧会情報

全国の展覧会を探すならこちら 東京の展覧会を探すならこちら

ミュージアムトピックス

新規、リニューアルオープン美術館情報

2016年11月「すみだ北斎美術館」オープン!

シャガールの作品がある美術館

20世紀の巨人、ピカソに出会う

月曜日に開館している美術館を探すならこちら

月曜は美術館が休館日と思っていませんか。
複合施設や大学、企業のビルに併設している等で
月曜日に開館している美術館をご紹介。

雨の日に濡れずに行ける美術館を探すならこちら

駅に直結や地下道を通って行ける美術館をご紹介。
雨の日はゆっくりとアート鑑賞を楽しんでみては。

おすすめアート本

時空旅人別冊 必ず観たい注目の美術展2017-2018

☆ この秋から冬にかけて観ておきたい!見逃せない!展覧会をご紹介。

出版社:三栄書房

販 売:amazon

天下の茶道具、鑑定士・中島の眼: 『へうげもの名品名席』実見記

☆古田織部を主人公にした人気漫画『へうげもの』ゆかりの名品を中島誠之助氏が訪ね歩く。

出版社:淡交社

販売:amazon

あると便利、美術鑑賞のお役立ちアイテム

Vixen 単眼鏡 マルチモノキュラーシリーズ アートスコープH4x12 11301-9 レッド

☆ 緻密に描き込まれた絵画をもっと近くで鑑賞したい、解説の文字が小さくて読めない。そんなときにおすすめです。専用ケース(別売)でおしゃれに持って。

ブランド:VIXEN

販  売:amazon

- PR -

MoMA STORE
▲このページのトップへ