[中部] 静岡県山梨県長野県
岐阜県愛知県三重県

ぶらり、出掛けたい!三重県の美術館

「美し国おこし・三重」マスコットキャラクター
う〜まちゃん
承認番号:美し国第44号


  • 三重県立美術館(三重県・津市)

    明治期以降の日本近代洋画を中心に、現代の生きた動きを物語る作品、 日本の作家たちに影響を与えた海外の作品、更に近世以後の県にゆかりのある美術家の作品を 収集、常設展示(日本近代絵画を中心に年間4期に)。テーマによる自主企画展も。

  • 石水博物館(三重県・津市)

    常設展示室では一年を通して、館創設者・川喜田半泥子の陶芸や 書画、館蔵品から茶道具などを季節にあわせて展示。 また企画展示室では所蔵品を中心に、郷土に根付いた企画展を年間3~4回開催している。
    やきものを鑑賞できる美術館

  • 式年遷宮記念神宮美術館(三重県・伊勢市)

    20年に一度行われる神宮式年遷宮を記念して建てられた美術館。 当代を代表する美術・工芸家から神宮に献納された絵画、書、彫塑、工芸などを収蔵、展示。自然との調和を配慮した現代建築は日本芸術院会員の大江宏による設計。
    人間国宝の技を鑑賞できる美術館 有名建築家が設計した美術館

  • マコンデ美術館(三重県・伊勢市)

    アフリカ・タンザニアのマコンデ高原に住んでいたマコンデ族の、 生命感の強い彫刻、鮮やかな色彩で描かれたティンガティンガのオリジナルや、 ティンガティンガ派の絵画とバチック、 楽器、生活用具などの民俗資料などを展示している。

  • ルーブル彫刻美術館(三重県・津市)

    ミロのビーナス、ハンムラビ法典碑をはじめとする古代から近代までのパリ・ルーブル美術館の作品を 復刻展示する、パリ・ルーブル美術館の姉妹館。 写真やテレビでしか 見られなかった作品を、日本の地でゆっくり鑑賞することができる。
    彫刻や造形作品を展示する美術館

  • 伊勢現代美術館(三重県・度会郡南伊勢町)

    氾濫するアートの中、優れた作品を鑑賞することで、「現代美術とは何か」を 考える機会をもっていただけたらとの思いから、五ケ所湾を臨む海辺に開館した伊勢現代美術館。 現代美術の作家を中心とした企画展や、屋外には五ヶ所浦の海を背景に彫刻の展示をしている。

美術館巡りを楽しもう!

NEW! 07.10掲載

ツリー下町界隈ミュージアム!

スカイツリー周辺の押上、両国のミュージアムを紹介します。

06.06掲載

ワンコインミュージアム!

入館料が500円以内で、充実した内容のミュージアムを紹介します。

05.01掲載

山手線で美術館巡りを!

山手線沿線、駅から歩いて15分以内で行ける美術館を紹介します。

04.01掲載

丸の内オフィス街にある美術館!

東京駅から歩いて15分以内で行ける、丸の内の個性豊かな美術館を紹介します。

月曜日に開館している東京の美術館!

六本木、上野、渋谷など人気のエリアにも、月曜日開館の美術館があります。

駅から雨に濡れずに美術館へGO!

駅に直結、地下道を通ってなど、駅から濡れずに美術館へ行けるのがうれしい。

2018~2019 注目の展覧会!

一個人
2018年9月号

読んでみたい!アート小説

たゆたえども沈まず

明治時代に活躍した
日本の美術商と
ゴッホが出会った。

ちょっと気になるアートグッズ

ファーバーカステル
水彩色鉛筆
平缶 36色セット

塗りやすい!

▲このページのトップへ