私だけのお気に入り!アートなトートバッグ

アートが好きな方のために、世界や日本の名画がモチーフになったり、グッドデザインのトートバッグをご紹介します。通勤や買物、ちょっとしたお出掛けにも活躍してくれます。

注目!今週のアートトートバッグ

環境先進国ドイツで生まれたエコバッグ

LOQI(ローキー)
エコバッグ

ローキーは、「Tote Me Daily」をコンセプトにドイツで生まれたブランド。ファッショナブルで豊富なデザインで、おしゃれに持ち歩け、そしてお手頃価格のトートバッグ。幅50cmの大きめサイズで、収納用のポーチ付き。

  商品詳細・価格はこちら

選ばれたADGベストグッズコレクション
トートバッグ

— 世界の名画がモチーフ —

コットン トートッバッグ

36cm×36cmで気軽に持ち歩けるコットントートバッグ。オーストリアの画家クリムトの「接吻」がモチーフ。

  商品詳細・価格はこちら

観てみたい!行ってみたい!
国内過去最大級の「クリムト展」

2019年4月23日〜7月10日まで、上野公園内の東京都美術館で「クリムト展」(公式サイトはコチラ)が開催されます。ウィーンを代表する画家 グスタフ・クリムトの没後100年を記念した展覧会は、日本では過去最大となる約20点の油彩画が紹介され、なんといっても本物の金箔を使用したクリムトの代表作の一つ「ユディトⅠ」は是非観てみたい!日本国内ではクリムトの作品を所蔵する美術館が少なく、なかなか観る機会がないので行ってみたい!前売りチケットでは「ユディトⅠ」ミニチュア絵画セット券 iconを販売中(〜4/22まで)


クリムト展タイアップ
クリムトスペシャル ミニバッグ (ベージュ)

「クリムト展」を記念して、「気軽に持てるクリムトバッグを」と、特別に作られたタイアップ作品。クリムトの絵画に見られるモチーフをアレンジした生地は、イタリア・テキスノヴァ社のゴブラン織。

  商品詳細・価格はこちら

世紀末の画家、グスタフ・クリムト。

クリムトは、19世紀末に活躍したオーストリアの画家。華やかな装飾性と、世紀末の官能性を併せもつ作品を描きました。代表作「アデーレ・ブロッホ=バウアーの肖像 I」、「接吻」などには金箔が多く使われており、日本美術の金箔技法の影響があるといわれています。また、かつてナチスにより略奪された作品の返還を題材に、映画「黄金のアデーレ 名画の帰還」が制作されました。

LOQI(ローキー)
エコバッグ ミュージアムコレクション

ローキーは”Tote Me Daily”をコンセプトにドイツで生まれたブランド。気軽に、ファッショナブルに使えて、お手頃価格のトートバッグ。〈ミュージアムコレクション〉は世界の有名美術館が所蔵する名画をモチーフにしたシリーズ。

  商品詳細・価格はこちら

総柄トートバッグ
ゴッホ ひまわり

28cm×38cmでA4サイズの書類が入り、持ち手は肩からも下げられる長さ。ゴッホの「ひまわり」がモチーフ。

  商品詳細・価格はこちら

見てみたい!比べてみたい!
ゴッホの「ひまわり」

ゴッホが南フランスのアルルで描いた「ひまわり」は7作品。現在5作品がロンドン、アムステルダム、ミュンヘン、フィラデルフィア、日本の美術館にあります。日本では「東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館」が所蔵し、常設展示しています。また、同館のホームページ内にバーチャル美術館を企画し、facebookやYouTubeで5作品全てが見られます。各々微妙に異なる「ひまわり」を見比べてみるのも楽しいでしょう。

ドガの踊り子・トートバック(M)

バレエのレッスン用に特に人気!同柄で「ドガの踊り子トートバック〈L〉サイズ」もあります。

  商品詳細・価格はこちら

選ばれたADGベストグッズコレクション
トートバッグ

— 日本の名画がモチーフ —

LOQI(ローキー)
エコバッグ ミュージアムコレクション
冨嶽三十六景「神奈川沖浪裏」

ドイツで生まれたブランド「ローキー」の気軽にでファッショナブル、そしてお手頃価格で人気のトートバッグ。世界の名画をモチーフにしたミュージアムコレクションから北斎の作品の中でも人気の冨嶽三十六景「神奈川沖浪裏」をモチーフにしたトートバッグ。同じく葛飾北斎が、富士山と桜の両方を一つの画面に描いた冨嶽三十六景「東海道品川御殿山の不二」をモチーフにしたエコバッグもあります。

  商品詳細・価格はこちら

京都 西陣 渡文
伊藤若冲 黒と金シリーズ
トートバッグ 縦型 かまきり

37cm×28cm、10cmのマチが付いた帆布バッグ。「渡文」は、千年の歴史と伝統を誇る織物のふるさと京都 西陣に、明治39年創業した西陣帯の老舗。伊藤若冲の作品をモチーフに、その他にも横型のかまきりや、けし月と梅隠元豆かぶとむしの絵柄があります。

  商品詳細・価格はこちら

観てみたい!行ってみたい!
「奇想の系譜展」

東京都美術館で、2月9日(土)~ 4月7日(日)まで「奇想の系譜展 江戸絵画ミラクルワールド」(公式サイトはコチラ)を開催です。 かつては江戸時代絵画史の傍流とされてきた伊藤若冲が、美術史家・辻惟雄による『奇想の系譜 』によって、若冲ブーム、江戸絵画ブームが起りました。今回の展覧会では若冲とともに取り上げられた岩佐又兵衛、狩野山雪、曽我蕭白、長沢芦雪、歌川国芳に白隠慧鶴、鈴木其一を加え、厳選した作品が紹介されます。初公開の作品!海外からの出品!初の里帰り作品!など見どころ満載です。

鳥獣戯画トートバッグ 柿渋布

柿渋布は、防腐効果、耐久強化などの特性をもった渋柿の実から採取した液で染め上げた布。鳥獣戯画をモチーフにした絵柄は和装、洋装のどちらも使えます。表面にペンや小物を入れられる小さなポケット、内ポケットもついており使い勝手のいいトートバッグです。同サイズで、マイナスイオンを発生させる効果のある竹炭の粉末を、特殊技法にて天然の布にそめあげた竹炭布のトートバッグもあります。

  商品詳細・価格はこちら

鳥獣戯画トートバッグ 猫

一枚の風呂敷や布を簡単に縫い合わせ、袋状にした「東袋」。擬人化された動物たちの姿が愛らしい「鳥獣戯画」の作品に登場する、猫を刺繍した和風のエコバッグです。表地は麻、裏地は綿を使用。同シリーズに兔を刺繍した東袋もあります。

  商品詳細・価格はこちら

ROOTOTE(ルートート)

マエカケルート

昔ながらの“前掛け”をイメージして作ったトートバッグ。鳥獣戯画のうさぎをモチーフにしたデザインがおもしろい。手持ちとショルダーで使える2wayバッグです。

  商品詳細・価格はこちら

選ばれたADGベストグッズコレクション
トートバッグ

— 現代美術〈ポップアート〉がモチーフ —

ローキー リバーシブルバッグ
キース・へリング

表はトートバッグ、裏返せばバックパックとリバーシブルで楽しめる。アンディ・ウォーホルをミッキーマウスと合体させたキース・ヘリング オリジナルのキャラクター「Andy Mouse」がモチーフ。

  商品詳細・価格はこちら

ローキー エコバッグ
キース・ヘリング

”Tote Me Daily”をコンセプトにドイツで生まれたブランドローキーから、キースへリングの「Andy Mouse」と「New York」が登場。

  商品詳細・価格はこちら

COACH(コーチ)

コーチ × キース・ヘリング
コラボレーション トートバッグ

ニューヨーク・マンハッタンで創業し、高級皮革製品で人気のライフスタイルブランドコーチ(COACH)と 1980年代のアメリカ美術を代表するアーティスト キース・ヘリングがコラボしたトートバッグ。

  商品詳細・価格はこちら

ストリートアートの先駆者
キースへリング

1980年代初頭、ニューヨークの地下鉄の広告板に描いた“落書き”が通勤客の間で話題となり、一躍有名になったキースへリング。31歳で亡くなるまでに世界各地で壁画を制作し、社会貢献活動も数多く行った。迷惑行為ながら街の壁などの公共空間に描かれた落書きは、ストリートアートもしくはグラフィティと呼ばれ、キースへリングの後もバスキアやバンクシーなどが登場した。

ぶらり、出掛けたい!
「中村キースへリング美術館」

2007年山梨県八ヶ岳に、キースヘリング財団が認定し、キース・ヘリング作品のみを展示する世界唯一の美術館「中村キースへリング美術館」が開館しました。キースへリングの作品約200点を所蔵し、100%ヘリングの作品で埋め尽くされています。アートを通して社会にメッセージを発信し続けたヘリングのエネルギーを体感できる素敵な美術館です。

「中村キースへリング美術館」公式サイトはコチラ 

ROOTOTE(ルートート)

ルーショッパー × アンディ・ウォーホル
コラボトートバッグ

ルートートは『Fun outing!〜楽しいお出かけ!〜』がコンセプトのトートバッグ専門ブランド。アメリカの美術家でポップ・アートの旗手アンディ・ウォーホルとコラボしたエコバッグ「ルーショッパー」はコンパクトに折り畳んで持ち歩け、とても丈夫。おしゃれなレジ袋として活躍すること間違いなし!

  商品詳細・価格はこちら

ローキー エコバッグ バスキア

”Tote Me Daily”をコンセプトに、ドイツで生まれたブランドローキーから、バスキアが登場(3種類)。20世紀美術最大の巨匠の一人とされるバスキアの展覧会「バスキア展 メイド・イン・ジャパン」が、2019年9月に森アーツセンターギャラリーで開催される。

  商品詳細・価格はこちら

選ばれたADGベストグッズコレクション
トートバッグ

— 人気のデザインブランド —

SIWA|紙和

トートバッグ/Sサイズ

千年の歴史ある和紙産地、山梨県市川大門の和紙メーカー「大直」と、工業デザイナーの深沢直人がタッグを組んで、2008年に誕生した和紙ブランドです。独特なシワが特徴的で強度と耐水性,そして軽さがあるトートバッグはシンプルなデザインで洗練された印象です。

商品詳細・価格はこちら

monacca(モナッカ)

「BAG Kaku-shou / プレーン・ピンク」

杉の間伐材を使った世界で唯一の成形デザインによる木製品ブランド「monacca」。良質な木材産地・高知県馬路村にある小さな林業会社「株式会社エコアス馬路村」と、プロダクトデザイナー・島村卓実氏のデザインによって生まれました。「BAG Kaku-shou」は、マチ幅も広く、長財布、携帯電話、化粧ポーチなどの小物が十分収納できます。

商品詳細・価格はこちら

MIYAKE

侍甲冑鞄「SASUKE(佐助)」

『有職人形司 京人形 み彌け』の京人形伝統工芸士がプロデュースする「サムライバッグ(甲冑鞄)」。人形の甲冑製作技術を応用して作成された「Samurai Bag」は、天然の牛革を土台に、大量のアルミプレートを組紐でひとつひとつ編み込んだトートバッグ。見た目よりも柔軟性があり、使い勝手は良好、B5ファイルが余裕で収納できる大きさです。ひと回り大きいA4ファイルが余裕で収納でき、ノートパソコン用のクッションポケットも装備し、ビジネスシーンに最適な侍甲冑鞄「MITSUHIDE」 もあります。

  商品詳細・価格はこちら

選ばれたADGベストグッズコレクション
トートバッグ

— 話題のアーティスト、イラストレーター —

Noritake/SKATER BOYトートバッグ

縦36cm×横33cm×マチ10cm、縦長で肩にかけてちょうどいい大きさのトートバッグ。コットン100%洗いざらしのような白地にイラストが映える。

シンプルで独特な世界感を持つイラストレーター “Noritake”

モノクロドローイングのイラストは、どこかで見たことがあると思う人も多いはず。東急電鉄や集英社文庫などの企業広告、BRUTUS等雑誌の表紙や、NHKテレビ番組「デザインあ」など幅広い分野で活動している。

  商品詳細・価格はこちら

ROOTOTE(ルートート)

ルートート × Sayori Wada
コラボトートバッグ

Sayori Wadaは国内外で注目のイラストレーター。抽象画、タイポグラフィー、似顔絵イラストなど幅広い作品は、音楽やファッション、店舗の壁面など様々な分野で活躍しています。ルートートとのコラボでは、文庫本を持って出掛けるのに最適なトートバックとして誕生。芥川龍之介、夏目漱石、太宰治、川端康成そして「花火」で芥川賞を受賞した又吉直樹と、どの文豪を選びますか。さらに文庫本サイズのトート型ブックカバーをおそろいで持つのも楽しい!
漫画家、イラストレーター、現代美術家としても活躍中の横山裕一とコラボのトートバッグも個性的!

  商品詳細・価格はこちら

びじゅチューン!オリジナルグッズ
「委員長はヴィーナス」

世界の「びじゅつ」を映像作家 井上涼が制作するユニークなアニメと歌で紹介する、NHKの人気番組「びじゅチューン」のオリジナルグッズで、「委員長はヴィーナス」のキャラクターが描かれたトートバッグです。ボッティチェリ「ヴィーナスの誕生」(ウフィツィ美術館)が発想の源になっています。

  商品詳細・価格はこちら

水森亜土 クリスタル ランチトートバッグ

世の中にかわいいメッセージを発信し続け、幅広い世代から支持されているイラストレーター水森亜土の、カワイイ!ランチトート。

  商品詳細・価格はこちら

水森亜土 トートバッグ(スウェット)

アクリルボードに歌いながら絵を描くおねえさんとして鮮烈デビューし、世の中にかわいいメッセージを発信し続けてきた水森亜土。楽しくてかわいい亜土ちゃんワールドは世代を超えて愛されています。その他の水森亜土のトートバッグやアートグッズはこちら

  商品詳細・価格はこちら

選ばれたADGベストグッズコレクション
トートバッグ

— 絵本作家の人気キャラクター —

レオ・レオニ ランチトートバッグ

レオ・レオニの人気絵本「フレデリック」をモチーフにした中型サイズのトートバッグ。その他のレオ・レオニトートバッグやアートグッズはこちら

  商品詳細・価格はこちら

いわさきちひろ・トートバッグ(大)
「けしの花のなかのあかちゃん」

子供達の何気ない仕草や表情などを描いた絵本画家いわさきちひろの作品の中から、1960年代後半に制作された「けしの花のなかのあかちゃん」をモチーフにしたトートバッグ。生誕100年を迎えた2018年に、いわさきちひろイヤーズプレートにもなった作品です。トートバッグは他に「花の国の子どもたち」「赤い胸当てズボンの少女」の絵柄もあります。

  商品詳細・価格はこちら

ぶらり、出掛けたい!「ちひろ美術館」

ちひろの個人美術館は2つあります。ひとつは東京都練馬区のちひろの住居やアトリエがあった場所に、周囲の住宅にとけこむように建っています。もう一つは長野県安曇野に、北アルプスを望み自然とふれあえるところにあります。どちらの美術館も、ちひろや国内外の絵本作家の原画などが展示され、鑑賞の合間にくつろげるカフェがあったり、車椅子やベビーカーでも利用できるなど心が癒される美術館です。

「ちひろ美術館・東京」公式サイトはコチラ 

「安曇野ちひろ美術館」公式サイトはコチラ 

選ばれたADGベストグッズコレクション
トートバッグ

— グッドデザイン賞を受賞 —

ROOTOTE(ルートート)

2004年グッドデザイン賞受賞
TOTE AS CANVAS (トート・アズ・キャンバス)

『そもそもトートバッグは「キャンバス」素材で出来ているのだから、それ自体が絵を描くための「キャンバス」であってもいいのではないか…?』 という発想から生まれたトート・アズ・キャンバスは2004年グッドデザイン賞を受賞。自由に自分だけのオリジナルトートバッグが作れます。毎年10月10日(トートバッグの日)には「ROOTOTE トート・アズ・キャンバス アート&デザインアワード」を開催。毎年作品を募集し、選ばれた作品はギャラリーで展示されます。

  商品詳細・価格はこちら

monacca(モナッカ)

2006年グッドデザイン賞受賞
木製バッグ「kaku-プレーン」

杉の間伐材を使った世界で唯一の成形デザインによる高知県の木製品ブランド「monacca」。2006年度にグッドデザイン賞を受賞した木製バッグは、自然木の風合いを楽しめ、丈夫で軽量、使いやすさにも配慮しています。「kaku-プレーン」は、ナチュラルなプレーンカラーが木目を引き立て、持ち手のオレンジカラーが程よいアクセントになっています。使い込むほどに風合いの変化を楽しむことができるロングセラーアイテムです。

  商品詳細・価格はこちら

L.L.Bean(エルエルビーン)

2017年グッドデザイン・
ロングライフデザイン賞受賞
ボート・アンド・トート・バッグ

1944年の発売当時と同じ厚手の24オンスキャンバス地を使用し、丈夫で耐久性に優れたシンプルなデザインのトートバッグは、2017年度「10年以上継続的に提供されている、広く支持されている商品やサービス」に贈られるグッドデザイン・ロングライフデザイン賞を受賞。カラーはブラック、ブルー、ダークグリーン、レッドの4色。

  商品詳細・価格はこちら

吉田カバン

2018年グッドデザイン賞受賞
PORTER FORCE 2WAY TOTE BAG

2018年度グッドデザイン賞を受賞したミリタリーテイストのカジュアルシリーズのPORTER FORCE(フォース)。2WAY TOTE BAGは通勤・通学・トラベルなどの幅広く活用できる。
吉田カバン〈FORCE/フォース 〉シリーズはこちら

  商品詳細・価格はこちら

選ばれたADGベストグッズコレクション
トートバッグ

— おしゃれな世界のエコバッグ —

レジ袋の代わりにエコバッグを持ち歩くのは、環境保護に取り組んでいる多くの国で行われていることです。それによって世界中でエコバッグのブランドも生まれました。折り畳める、丈夫であるという機能だけではなく、色や柄などデザインにもこだわりを持った素敵なエコバッグをご紹介します。

—カリフォルニア(USA)—

BAGGU(バグー)
スタンダード エコバック

バグーは、カリフォルニア発のエコバッグ。色、柄ともにバリエーションが多く、MoMAキュレーターも認めたエコバッグ。横39cm×縦41cm でマチ付きのため収容力は充分。収納に便利なポーチ付き。

  商品詳細・価格はこちら

—オーストラリア—

ENVIROSAX(エンビロサックス)
スーパーショッパー

エンビロサックスは、2004年に環境保護をテーマに、オーストラリアで生まれたブランド。植物や動物、国や場所などをモチーフにした華やかでおしゃれなデザインが人気。幅約46×高さ40cmは、従来のエンビロサックス グラフィックシリーズよりひと回り小さめ。折りたたむ、丸める、スナップで留めるで簡単に収納できる。

<  商品詳細・価格はこちら

—ドイツ—

LOQI(ローキー)
エコバッグ

ローキーは、「Tote Me Daily」をコンセプトにドイツで生まれたブランド。ファッショナブルで豊富なデザインで、おしゃれに持ち歩け、そしてお手頃価格のトートバッグ。幅50cmの大きめサイズで、収納用のポーチ付き。

  商品詳細・価格はこちら

—ミュンヘン(ドイツ)—

reisenthel (ライゼンタール)
ミニマキシショッパー L

ライゼンタールは、シンプルかつ利便性に富んだバッグや、収納用品を生み出すドイツ・ミュンヘンのブランド。多彩なカラーと個性豊かなバリエーションが人気。ショッピングバッグとして充分なおおきさで、同柄のフック付き収納袋付き。

  商品詳細・価格はこちら

—フィンランド—

marimekko(マリメッコ)
エコバッグ

マリメッコは靴、鞄、インテリア用品や食器などの生活雑貨も手がけるフィンランドのアパレル企業。なんといっても鮮やかな色の大胆なプリント柄をデザインした商品が特徴。幅44cmでマチがあるので沢山の荷物を入れられる。収納ケース付き。

  商品詳細・価格はこちら

—オランダ—

SUSAN BIJL(スーザン・ベル)

トートバッグ 2019 M

スーザン・ベルはオランダ人デザイナーのスーザン・ベルが2003年に立ち上げたエコバッグブランドです。丈夫で軽くおしゃれなエコバッグは、2007年にはグッドデザイン賞も受賞。毎年テーマを決めて新しいデザインが発表されています。

  商品詳細・価格はこちら

—スウェーデン—

moz(モズ)
2way エコバッグ

モズは北欧スウェーデンのフェルグ・フォルム社が発信するスタイリッシュな雑貨ブランド。どことなく不器用そうで人なつこそうな愛嬌たっぷりのエルク(ヘラジカ)の柄が魅力的。荷物が少ないときはサイドについているボタンで大きさを調節できる。

  商品詳細・価格はこちら

選ばれたADGベストグッズコレクション
トートバッグ

— 美術館限定品 —

FONDATION LOUIS VUITTON
(ファンダシオンルイヴィトン)
美術館限定トートバッグ

ヴィトン財団による現代アートの美術館〈ファンダシオン美術館〉の限定トートッバッグ。幅37cm×高さ43cm、8cmのマチ付きで、FONDATION LOUIS VUITTONのロゴ入り。

  商品詳細・価格はこちら

Musee Christian Dior
(ミュゼクリスチャンディオール)

美術館トートバッグ

フランスの服飾デザイナークリスチャンディオールの生家でもある Musee Christian Dior。ディオールらしい清潔感のある上品なデザインが上品オーガニックコットンを使用した美術館限定販売のトートバッグ。

  商品詳細・価格はこちら

THE MET(メトロポリタン美術館)

美術館トートバッグ

ニューヨークにある世界3大美術館の一つであり、世界最大級の美術館"メトロポリタン美術館、通称「ザ メット(THE MET)」オリジナルのトートバッグです。フロントにロゴがプリントされた、A3サイズの大きめトートバッグ。

  商品詳細・価格はこちら