ぶらり、出掛けたい!東京都の美術館
〈東京駅周辺、上野、両国 他〉

[07.23]三鷹市美術ギャラリーを掲載しました

[06.02]武蔵野市立吉祥寺美術館を掲載しました

[05.26]マリーローランサン美術館を掲載しました

[05.12]町田市立国際版画美術館を掲載しました

千代田区エリア 気になるその他の施設

3331 Arts Chiyoda
(東京都千代田区外神田)

旧練成中学校を利用したアートセンター。アートギャラリー、オフィス、 カフェなどが入居し、展覧会をはじめワークショップや講演会などを行っている。

公式サイト:http://www.3331.jp/

    日本橋、京橋

    江戸時代から続く老舗が多い街。歴史ある店やその土地ゆかりの美術館もある。

  • 三井記念美術館(東京都・中央区日本橋)

    重要文化財の三井本館の中に創られ、三井グループで知られる三井家が江戸時代から収集した美術品4000点を収蔵展示する美術館。所蔵品は国宝、重文など名品優品が含まれる茶道具類を主とし、他にも円山応挙をはじめとする円山派の絵画、中国古拓本の聴氷閣コレクション、書跡、能面などを所蔵。
    茶道工芸美術品を中心にした美術館 国宝に出会える美術館

  • ミュゼ浜口陽三・ヤマサコレクション
    (東京都・中央区日本橋)

    ヤマサ醤油株式会社が開設、10代目濱口儀兵衛の三男として生まれた浜口陽三の作品を収蔵・常設展示する唯一の美術館。初期作品から晩年まで幅広いコレクションの中から各時代の代表作を50点ほど選び、愛用の道具類と共に紹介している。

  • 国立映画アーカイブ(東京都・中央区京橋)

    国立映画アーカイブ
    (東京都・中央区京橋)

    東京国立近代美術館フィルムセンターが、2018年4月1日に独立し、6館目の国立美術館となった。 明治期には映画館、昭和初期には日活本社が建っていた場所に、1952年国立近代美術館の映画部門として開設。 国内外の映画フィルムや、ポスター、映写機など映画関連の貴重な資料を所蔵し、所蔵フィルムの上映や映画に関する企画展示を行っている。
    有名建築家が設計した美術館

  • ブリヂストン美術館(東京都・中央区京橋)

    印象派を中心とするヨーロッパ近代美術のマネ、モネ、ドガ、ルノワール、セザンヌ、ゴッホ、ピカソなど多くの名品を収蔵。その他ロダンをはじめとするヨーロッパ彫刻、古代美術、黒田清輝、藤田嗣治など明治以降の日本の洋画を展示。
    ※現在長期休館中

  • 日本橋、京橋エリア 気になるその他の施設

    貨幣博物館
    (東京都中央区日本橋)

    日本銀行による貨幣コレクションの展示。

    公式サイト:http://www.imes.boj.or.jp/cm/

    LIXILギャラリー(東京都中央区京橋)

    建築とデザインとその周辺をめぐる巡回企画展、建築・美術展、やきもの展の3つのジャンルのスペースを併設するギャラリー(観覧料は無料)

    公式サイト:http://www1.lixil.co.jp/gallery/

    資生堂ギャラリー
    (東京都中央区銀座)

    1919年に開館した現存する日本で最古の画廊。「新しい美の発見と創造」を活動理念とし、現在は現代美術を主軸にしている。

    公式サイト:http://www.shiseidogroup.jp/gallery

    凧の博物館(東京都中央区日本橋)

    江戸凧を始め日本全国から集められた凧のコレクション。昭和6年創業、人気の洋食屋さん「たいめいけん」ビル5階に。

    公式サイト:http://www.taimeiken.co.jp/museum.html

    品川・汐留

    多くの鉄道が乗り入れアクセス抜群の品川。旧新橋停車場や劇場、ミュージアム、オフィスなどが集まる巨大複合都市の汐留。

  • 原美術館(東京都・品川区北品川)

    昭和の初期に私邸として建築された洋館を現代美術専門館として開館。1950年代以降の代表的な巨匠から、今日の第一線で活躍する若手の絵画、彫刻、写真、ビデオなど多彩な現代美術作品を展示している。
    結婚式ができる美術館 デートで行きたい美術館

  • 久米美術館(東京都・品川区上大崎)

    美術館は、近代歴史学成立期における先駆者である歴史家久米邦武と、その長子で明治洋画壇の指導的役割を果たした、洋画家の久米桂一郎の資料類や絵画作品を中心に展示している。また桂一郎の友人であった黒田清輝の作品を盛り込んだ展示や、久米、黒田の教え子たちの作品展なども順次行っている。

  • パナソニック 汐留ミュージアム
    (東京都・港区東新橋)

    21世紀型世界都市「汐留」松下電工東京本社ビル4階に位置する美術館。20世紀を代表する画家ジョルジュ・ルオーの油彩や版画作品、約190点の中から常設展示と年1回の特別展を実施。日本でも有数のルオーコレクションを鑑賞できる。ルオー展の他に、建築や生活文化のテーマで企画展を開催している。
    デートで行きたい美術館

上野エリア 気になるその他の施設

上野動物園(東京都台東区上野公園)

パンダはもちろん、飼育動物の種類は日本で一番!

公式サイト:http://www.tokyo-zoo.net/zoo/ueno/

国立科学博物館(東京都台東区上野公園)

日本唯一の総合科学博物館で、トリケラトプスがお出迎え。

公式サイト:http://teien.tokyo-park.or.jp/contents/index035.html

旧岩崎邸庭園(東京都台東区池之端)

明治29年に建てられた重要文化財指定の岩崎家邸宅と庭園。

公式サイト:https://www.tokyo-park.or.jp/park/format/index035.html

台東区芸術文化財団

台東区立の文化施設を紹介するサイト。朝倉彫塑館、書道博物館など4つの施設に利用できるお得な「4館共通入館券」も販売中。

公式サイト:http://www.taitocity.net/taito/zaidan/

六義園
(東京都文京区本駒込)

江戸の二大庭園に数えられ、国の特別名勝に指定された庭園。

公式サイト:http://teien.tokyo-park.or.jp/contents/index031.html

湯島天満宮(湯島天神)
(東京都文京区湯島)

菅原道真公を祀り、学問の神様として多くの受験生が合格祈願に訪れる。梅の名所でもある。天満宮所蔵品の展示を行う湯島天満宮宝物殿を併設。

公式サイト:http://www.yushimatenjin.or.jp/pc/index.htm

    谷中周辺

    下町風情とアートの谷根千エリア

  • 台東区立朝倉彫塑館(東京都・台東区谷中)

    日本近代彫塑の基礎をつくった彫塑家、朝倉文夫の美術館。人物像や動物像など初期から晩年までの作品を展示。自ら設計した建物は住居、アトリエ、彫塑塾などからなる。西洋建築と日本建築の要素が見事に違和感なく調合、融合している。
    彫刻や造形作品を展示する美術館

  • 弥生美術館&竹久夢二美術館
    (東京都・文京区弥生)

    挿絵画家・高畠華宵の明治、大正、昭和の作品と、画家であり詩人でもある竹久夢二の日本画やスケッチ、表紙、口絵、挿し絵などの作品を展示。また蕗谷虹児、加藤まさを、中原淳一、小村雪岱、木村荘八、河野通勢らの作品も公開している

両国エリア気になるその他の施設

東京スカイツリー(東京都墨田区押上)

2012年春開業した634mの電波塔。水族館、プラネタリウム、大型商業施設「ソラマチ」などが併設され「東京スカイツリータウン」と呼ばれる複合施設となっている。

公式サイト:http://www.tokyo-skytree.jp/

郵政博物館(東京都墨田区押上)

2014年に東京スカイツリーに併設する「ソラマチ」9階に開館。日本最大となる約33万種の切手展示や、国内外の郵政に関する資料約400点を展示。

公式サイト:http://www.postalmuseum.jp/

    深川

    江戸の面影が残る街と、現代アートの共存

  • 東京都現代美術館(東京都・江東区三好)

    1995年3月の開館以来、約3,900点の収蔵作品を活かして、現代美術の流れを展望できる常設展示や大規模な国際展をはじめとする特色ある企画展示など、絵画、彫刻、ファッション、建築、デザイン等幅広く現代美術に関する展覧会を開催している。
    ※現在大規模改修工事のため休館中。

more

美術館巡りを楽しもう!

NEW! 07.10掲載

ツリー下町界隈ミュージアム!

スカイツリー周辺の押上、両国のミュージアムを紹介します。

06.06掲載

ワンコインミュージアム!

入館料が500円以内で、充実した内容のミュージアムを紹介します。

05.01掲載

山手線で美術館巡りを!

山手線沿線、駅から歩いて15分以内で行ける美術館を紹介します。

04.01掲載

丸の内オフィス街にある美術館!

東京駅から歩いて15分以内で行ける、丸の内の個性豊かな美術館を紹介します。

月曜日に開館している東京の美術館!

六本木、上野、渋谷など人気のエリアにも、月曜日開館の美術館があります。

駅から雨に濡れずに美術館へGO!

駅に直結、地下道を通ってなど、駅から濡れずに美術館へ行けるのがうれしい。

行ってみたい美術館が見つかる本

フランス人がときめいた
日本の美術館

フランス人美術史家による
「本当に訪ねる価値のある」
美術館のガイドブック

2018年注目の展覧会を見つける!

美術展完全ガイド2018

2018年の美術展の中から
注目の展覧会をご案内

あると便利、美術鑑賞のお役立ちアイテム

ビクセン 単眼鏡
アートスコープ
H4×12 レッド

繊細な筆のタッチも
工芸品の細かな細工も
驚く程よく見える

ちょっと気になるアートグッズ

自宅でアート鑑賞

びじゅチューン!
DVD BOOK4

美術作品を題材にした
ユニークなNHK Eテレの
番組がDVDになった!

▲このページのトップへ