美術館、展覧会情報を発信するぶらり美術館

鉄道絵画発→ピカソ行
コレクションのドア、ひらきます

東京ステーションギャラリー
(東京都・千代田区丸の内)

開館一周年記念 めでたい北斎~まるっとまるごと福づくし~の展覧会イメージ画像
会 期 12月16日(土)〜2018年2月12日(月•祝)
観覧料 一般 900円、大学生・高校生 700円
中学生以下無料
休館日 月曜日〈ただし、1月8日(月・祝)、2月12日(月・祝)は開館〉
年末年始〈12月29日(金)~1月1日(月・祝)〉、1月9日(火)
開館時間 午前10時~午後6時、金曜日は午後8時まで
※入館は閉館の30分前まで

公式サイト http://www.ejrcf.or.jp/gallery/index.html
お問い合わせ 03-3212-2485
※ 中村岳陵《驀進》1943年

テーマの展開を鉄道の一路線にみたて、始発駅を〈鉄道絵画〉とし、一駅ごとにテーマを変え、終点〈ピカソ〉に至るという構成で、30年間少しずつ収蔵を続けてきた東京ステーションギャラリーのコレクションが初めてまとめて公開されます。
 まずは始発駅〈鉄道絵画〉からの出発です。東京駅から線路のある風景まで、日本画、洋画、写真、資料などが展示されます。2駅目は鉄道がつなぐ〈都市と郊外〉。現在とは異なる東京の姿をうつす洋画、作家の記憶が再構成された作品、写実的な風景画など多彩です。3駅目は鉄道利用者であり運用者でもある〈人〉がテーマです。描かれているのは人でも、主題は別にあるのかもしれません。作り手が作品に込める意図の多様性を感じていただいたあと、4駅目では〈抽象〉的な絵画が紹介されます。難しいと思われがちな抽象画も少し身近になるかもしれません。終点は“解らない絵画”の代名詞として誰もが知る〈ピカソ〉のさまざまな時期の絵画4点が観覧できます。
 かつて同館で開催した企画展の出品作品、東京駅内にあるステンドグラスの福沢一郎による原画、一時休館中に開催した〈現代絵画の展望〉展シリーズや、2014年に開催した「東京駅100年の記憶」展に出品した作品、資料など、約100点が展示されます。

おすすめ展覧会情報

全国の展覧会を探すならこちら 東京の展覧会を探すならこちら
東京周辺の美術館〈丸の内〉

New!東京駅周辺、丸の内エリアの美術館をご案内!

月曜日に開館している美術館を探すならこちら

月曜は美術館が休館日と思っていませんか。
複合施設や大学、企業のビルに併設している等で
月曜日に開館している美術館をご紹介。

雨の日に濡れずに行ける美術館を探すならこちら

駅に直結や地下道を通って行ける美術館をご紹介。
雨の日はゆっくりとアート鑑賞を楽しんでみては。

おすすめカテゴリー!

現代美術の美術館


おすすめアート本

日経おとなのOFF 2018年 01 月号 (3大付録:フェルメールクリアファイル、美術展ハンドブック、名画カレンダー)

2018年の見逃せない展覧会が満載。過去最大級のフェルメール展!、絵文字でもおなじみ、ムンクの「叫び」初来日!、近代美人画の傑作、上村松園の「序の舞」が修理後初公開!等

▲このページのトップへ