美術館、展覧会情報を発信するぶらり美術館

文化庁新進芸術家
海外研修制度50周年記念展
- 美術部門 -
「洋画」「日本画」「版画」

茨城県天心記念五浦美術館
(茨城県・北茨城市)

展覧会「文化庁新進芸術家海外研修制度50周年記念展」のイメージ画像
会 期 12月2日(土)~2018年2月4日(日)
入場料 一般 620円、高校生・大学生 410円
小学生・中学生 210円
満70歳以上の方及び身体障害者手帳、精神障害者保健福祉手帳、療育手帳をご持参の方は無料
※土曜日は高校生以下無料
休館日 月曜日〈ただし、1月8日(月•祝)は開館〉、1月9日(火)、 年末年始〈12月29日(金)〜1月1日(月・祝)〉
開館時間 午前9時30分~午後5時
(入場は午後4時30分まで)

公式サイト http://www.tenshin.museum.ibk.
ed.jp
お問い合わせ 0293-46-5311
※ 画像は絹谷幸二《旭日富嶽来迎図》 2017年

わが国で活躍する将来有望な芸術家を海外に派遣し、それぞれの専門分野について研修する作家を支援・育成する「文化庁新進芸術家海外研修制度」。本展では、同制度が50周年の節目を迎えることを記念し、研修に参加した芸術家の中から、奥谷博、絹谷幸二、西田俊英、入江明日香をはじめ国内外で活躍している作家75名の新作が紹介されます。それぞれの作家による多彩な表現、現在進行中のアートをお楽しみください。

おすすめ展覧会情報

全国の展覧会を探すならこちら 東京の展覧会を探すならこちら
東京周辺の美術館〈丸の内〉

New!東京駅周辺、丸の内エリアの美術館をご案内!

月曜日に開館している美術館を探すならこちら

月曜は美術館が休館日と思っていませんか。
複合施設や大学、企業のビルに併設している等で
月曜日に開館している美術館をご紹介。

雨の日に濡れずに行ける美術館を探すならこちら

駅に直結や地下道を通って行ける美術館をご紹介。
雨の日はゆっくりとアート鑑賞を楽しんでみては。

おすすめカテゴリー!

素敵な湖畔の美術館


おすすめアート本

日経おとなのOFF 2018年 01 月号 (3大付録:フェルメールクリアファイル、美術展ハンドブック、名画カレンダー)

2018年の見逃せない展覧会が満載。過去最大級のフェルメール展!、絵文字でもおなじみ、ムンクの「叫び」初来日!、近代美人画の傑作、上村松園の「序の舞」が修理後初公開!等

▲このページのトップへ