美術館、展覧会情報を発信するぶらり美術館

生誕140年 吉田博展 山と水の風景

東郷青児記念
損保ジャパン日本興亜美術館
(東京都・新宿区西新宿)

会 期 7月8日(土)〜8月27日(日)
※会期中展示替えあり
観覧料 一般 1,200円、大学・高校生 800円
65歳以上 1,000円、中学生以下無料
身体障害者手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳をご提示のご本人とその付添いの方1名は無料
休館日 月曜日〈ただし、7月17日(月・祝)は開館、翌18日も開館〉
開館時間 午前10時~午後6時まで
※入館は閉館30分前まで

公式サイト http://www.sjnk-museum.org
お問い合わせ 03-5777-8600(ハローダイヤル)
※ 画像は、《瀬戸内海集 帆船 朝》大正15(1926)年 木版 個人蔵

明治から昭和にかけて風景画の第一人者として活躍した吉田博(1876-1950)の生誕140年を記念する回顧展です。
  福岡県久留米市に生まれた吉田博は、10代半ばで画才を見込まれ、上京して小山正太郎の洋画塾不同舎に入門します。仲間から「絵の鬼」と呼ばれるほど鍛錬を積み、1899年アメリカに渡り数々の作品展を開催、水彩画の技術と質の高さが絶賛されます。その後も欧米を中心に渡航を重ね、国内はもとより世界各地の風景に取材した油彩画や木版画を発表、太平洋画会と官展を舞台に活躍を続けました。自然美をうたい多彩な風景を描いた吉田博は、毎年のように日本アルプスの山々に登るなど、とりわけ高山を愛し題材とする山岳画家としても知られています。制作全体を貫く、自然への真摯な眼差しと確かな技量に支えられた叙情豊かな作品は、国内外の多くの人々を魅了し、日本近代絵画史に大きな足跡を残しました。
 本展では、水彩、油彩、木版へと媒体を展開させていった初期から晩年までの作品群が一堂に展示され、吉田博の全貌とその魅力に迫っていきます。

おすすめ展覧会情報

全国の展覧会を探すならこちら 東京の展覧会を探すならこちら

ミュージアムトピックス

新規、リニューアルオープン美術館情報

NEW 2017年10月1日「横山美術館」オープン!

クリムトの作品がある美術館

官能的な作品で人気!ウィーン世紀末の巨匠。

月曜日に開館している美術館を探すならこちら

月曜は美術館が休館日と思っていませんか。
複合施設や大学、企業のビルに併設している等で
月曜日に開館している美術館をご紹介。

雨の日に濡れずに行ける美術館を探すならこちら

駅に直結や地下道を通って行ける美術館をご紹介。
雨の日はゆっくりとアート鑑賞を楽しんでみては。



おすすめアート本

いつでも名画に会える 日本10大美術館 (ビジュアルだいわ文庫 023J)

☆ 誰もが知っている名画が、日本の美術館で、しかも、常設展で鑑賞できるのをご存知ですか?日本の美術館に眠るお宝絵画が満載。

出版社:大和書房

販 売:amazon

カフェのある美術館 素敵な時間をたのしむ

☆ カフェに惹かれて行きたくなる美術館のガイド本。

出版社:世界文化社

販 売:amazon

▲このページのトップへ