美術館、展覧会情報を発信するぶらり美術館

明治から昭和の日本画と洋画 
絵画の潮流展
エール蔵王 島川記念館所蔵 
秘蔵の名品

そごう美術館(神奈川県・横浜市)

会 期 3月4日(土)~4月9日(日)
入場料 大人 1,000円、大学・高校生 800円
中学生以下無料
休館日 会期中無休
開館時間 午前10時~午後8時
(入館は閉館の30分前まで)

公式サイト https://www.sogo-seibu.jp/common/museum/
お問い合わせ 045-465-5515
※ 画像は岸田劉生《麗子像》1919年 紙・水彩

エール蔵王 島川記念館は仙台の実業家、島川隆哉氏が20年余りをかけて日本画・洋画をはじめ工芸品などをコレクションし、2013年に開館しました。 開館間もないため、まだ広く知られておらず、日本画から洋画まで秘蔵ともいえる作品が数多く収集されています。
 本展では、明治から昭和の画家達が歩んだ足跡を見直し、社会の変化とともに美術の役割を改めて考えてみる良い機会として、 伝統を継承しあらたな挑戦により生み出された日本画の変遷と、目に映るままの写実を求め立体的な表現を求めた近代洋画の先人達のそれぞれの世界が34作家約60点の作品により紹介されます。

おすすめ展覧会情報

全国の展覧会を探すならこちら 東京の展覧会を探すならこちら

ミュージアムトピックス

新規、リニューアルオープン美術館情報

2016年11月「すみだ北斎美術館」オープン!

横山大観の作品がある美術館

生涯のテーマにした大観の富士山に出会う

月曜日に開館している美術館を探すならこちら

月曜は美術館が休館日と思っていませんか。
複合施設や大学、企業のビルに併設している等で
月曜日に開館している美術館をご紹介。

雨の日に濡れずに行ける美術館を探すならこちら

駅に直結や地下道を通って行ける美術館をご紹介。
雨の日はゆっくりとアート鑑賞を楽しんでみては。

おすすめアート本

感動! の美術展・美術館 (日経ホームマガジン)

☆ 東京、関東近郊の美術館と文学館をめぐる知的好奇心とお腹を満たす日帰り旅

出版社:KADOKAWA

販 売:amazon

▲このページのトップへ