美術館、展覧会情報を発信するぶらり美術館

クラーナハ展 — 500年後の誘惑

国立国際美術館(大阪・中之島)

クラーナハ展
会 期 1月28日(土)~4月16日(日)
入場料 一般 1,600円、大学生 1,200円
高校生 600円、中学生以下無料
休館日 月曜日〈ただし、3月20日(月・祝)は開館、3月21日は休館〉
開館時間 午前10時~午後5時
金曜日は午後7時まで
※入場は閉館の30分前まで

公式サイト http://www.nmao.go.jp/
展覧会
公式サイト
http://www.tbs.co.jp/vienna2016/
お問い合わせ 06-4862-5777(大阪展事務局)
※ 画像は展覧会チラシ

ルカス・クラーナハ(父、1472-1553年)は、ヴィッテンベルクの宮廷画家として名を馳せた、ドイツ・ルネサンスを代表する芸術家です。大型の工房を運営して絵画の大量生産を行うなど、先駆的なビジネス感覚を備えていた彼は、一方でマルティン・ルターにはじまる宗教改革にも、きわめて深く関与しました。けれども、この画家の名を何よりも忘れがたいものにしているのは、ユディトやサロメ、ヴィーナスやルクレティアといった物語上のヒロインたちを、特異というほかないエロティシズムで描きだしたイメージの数々でしょう。艶っぽくも醒めた、魅惑的でありながら軽妙なそれらの女性像は、当時の鑑賞者だけでなく、遠く後世の人々をも強く魅了してきました。
  日本初のクラーナハ展となる本展では、そうした画家の芸術の全貌を明らかにすると同時に、彼の死後、近現代におけるその影響にも迫ります。1517年に開始された宗教改革から、ちょうど500年を数える2017年に開催されるこの展覧会で、クラーナハの絵画が時を超えて放つ「誘惑」を体感することが出来るでしょう。

おすすめ展覧会情報

全国の展覧会を探すならこちら 東京の展覧会を探すならこちら

ミュージアムトピックス

新規、リニューアルオープン美術館情報

2016年11月「すみだ北斎美術館」オープン!

横山大観の作品がある美術館

生涯のテーマにした大観の富士山に出会う

月曜日に開館している美術館を探すならこちら

月曜は美術館が休館日と思っていませんか。
複合施設や大学、企業のビルに併設している等で
月曜日に開館している美術館をご紹介。

雨の日に濡れずに行ける美術館を探すならこちら

駅に直結や地下道を通って行ける美術館をご紹介。
雨の日はゆっくりとアート鑑賞を楽しんでみては。

おすすめカテゴリー!

現代アート

おすすめアート本

感動! の美術展・美術館 (日経ホームマガジン)

☆ 東京、関東近郊の美術館と文学館をめぐる知的好奇心とお腹を満たす日帰り旅

出版社:KADOKAWA

販 売:amazon

▲このページのトップへ