美術館、展覧会情報を発信するぶらり美術館

ポスターでみる映画史 Part3 
SF・怪獣映画の世界

東京国立近代美術館フィルムセンター
(東京都・中央区京橋)

会 期 1月4日(木)〜3月25日(日)
入場料 一般 250円、大学生 130円
シニア、高校生以下及び18歳未満、障害者(付添者は原則1名まで)は無料
休 室 月曜日
開室時間 午前11時~午後6時30分
※入場は午後6時まで

公式サイト http://www.momat.go.jp/fc/exhibition/sf-kaiju/
お問い合わせ 03-5777-8600(ハローダイヤル)

宇宙への旅、時間の超越、地球の破滅、信じられない未来――尽きることのない人間の想像力が、映画においてもっとも自在に発揮されてきたのがサイエンス・フィクション(SF)という分野でしょう。私たちの現実をはるかに凌駕するそのストーリーや映像表現は、今も世界の観客に圧倒的なインパクトを与え続けています。
 シリーズ「ポスターでみる映画史」の第3回となるこの「SF・怪獣映画の世界」は、フィルムセンターのコレクションを中心に、傍流からやがてメインストリームの地位を得たこの壮大なジャンルを取り上げる展覧会です。 『メトロポリス』や『キング・コング』といった古典作品、1954年の『ゴジラ』第一作以来、特撮技術の粋をつぎ込み海外にも熱狂的なファンを生んだ日本の怪獣映画、1960年代以降のスタンリー・キューブリック監督ら新世代の台頭、全世界を席巻した「スター・ウォーズ」シリーズ以降の SF映画の黄金期など、このジャンルの豊かな系譜をたどります。壮大なポスター・デザインに込められた、イマジネーションの飛躍が楽しめます。

おすすめ展覧会情報

全国の展覧会を探すならこちら 東京の展覧会を探すならこちら
東京周辺の美術館〈丸の内〉

New!東京駅周辺、丸の内エリアの美術館をご案内!

月曜日に開館している美術館を探すならこちら

月曜は美術館が休館日と思っていませんか。
複合施設や大学、企業のビルに併設している等で
月曜日に開館している美術館をご紹介。

雨の日に濡れずに行ける美術館を探すならこちら

駅に直結や地下道を通って行ける美術館をご紹介。
雨の日はゆっくりとアート鑑賞を楽しんでみては。



おすすめアート本

日経おとなのOFF 2018年 01 月号 (3大付録:フェルメールクリアファイル、美術展ハンドブック、名画カレンダー)

2018年の見逃せない展覧会が満載。過去最大級のフェルメール展!、絵文字でもおなじみ、ムンクの「叫び」初来日!、近代美人画の傑作、上村松園の「序の舞」が修理後初公開!等

▲このページのトップへ