美術館、展覧会情報を発信するぶらり美術館

小野木学 絵本原画展
―ぼくの中のコドモ―

練馬区立美術館(東京都・練馬区貫井)

会 期 11月26日(日)〜2018年2月11日(日)
観覧料 無料
休館日 月曜日〈ただし、1月8日(月•祝)は開館、1月9日(火)は休館〉
年末年始(12月29日〜1月3日)
開館時間 午前10時~午後6時
※入館は午後5時30分まで

公式サイト https://neribun.or.jp/museum/
お問い合わせ 03-3577-1821
※画像は、『さよならチフロ』(こぐま社、1969年)

「ぼくは絵をかくことで、自身の中のこどもをたしかめているのでしょう。」
 小野木学(1924~1976)は、その人生の半分を練馬区で過ごした地域ゆかりの人物であり、練馬区立美術館所蔵作家の中で最も所蔵点数が多い画家です。東京都豊島区に生まれた小野木は、旧制中学在学中に肺を病んだことから、23歳頃画家として生きる道を意識するようになりました。独学で絵画を学び、1953年自由美術展へ油彩画を初めて出品。以後自由美術展やアンデパンダン展などで活躍しました。
 一方1960年代から児童書や絵本への挿絵の仕事も多く、1970年には『おんどりと二まいのきんか』(ポプラ社、1969年)ほかで第19回小学館絵画賞(現・小学館児童出版文化賞)を受賞。現在も出版されている創作絵本『かたあしだちょうのエルフ』 (ポプラ社、1970年)は、71年の青少年読書感想文全国コンクールにも選ばれています。これまでにも同館では、小野木の様々な仕事に焦点を当てた展覧会を開催してきましたが、今回は同館所蔵の挿絵や絵本原画を中心に展示し、その仕事を改めて問う試みです。シンプルな鉛筆画や楽しげなコラージュ、絵具をたっぷりと使った挿絵や版画など、「ぼくの中のこどもがおもしろがって描いた」その多彩な表現が楽しめます。

おすすめ展覧会情報

全国の展覧会を探すならこちら 東京の展覧会を探すならこちら

ミュージアムトピックス

新規、リニューアルオープン美術館情報

NEW 2017年10月1日「横山美術館」オープン!

佐伯祐三の作品がある美術館

パリの街角や建物などを重厚な筆致で描いた画家

月曜日に開館している美術館を探すならこちら

月曜は美術館が休館日と思っていませんか。
複合施設や大学、企業のビルに併設している等で
月曜日に開館している美術館をご紹介。

雨の日に濡れずに行ける美術館を探すならこちら

駅に直結や地下道を通って行ける美術館をご紹介。
雨の日はゆっくりとアート鑑賞を楽しんでみては。



おすすめアート本

カフェのある美術館 素敵な時間をたのしむ

☆ カフェに惹かれて行きたくなる美術館のガイド本。

出版社:世界文化社

販 売:amazon

東山魁夷アートカレンダー 2018年版(小型判) ([カレンダー])

☆ 人気の東山魁夷アートカレンダーの2018年版。

出版社:日本経済新聞出版社

販 売:amazon

▲このページのトップへ