美術館、展覧会情報を発信するぶらり美術館

田沼武能肖像写真展
時代ときを刻んだかお

練馬区立美術館(東京都・練馬区貫井)

会 期 2月23日(木)~4月9日(日)
観覧料 一般 500円
大学・高校生および65〜74歳 300円
中学生以下および75歳以上無料
※割引、無料対象の方は確認できるものを提示
休館日 月曜日〈ただし、3月20日(月・祝)は開館、翌21日(火)は休館〉
開館時間 午前10時~午後6時
※入館は午後5時30分まで

公式サイト http://www.neribun.or.jp/museum/
お問い合わせ 03-3577-1821
※画像は棟方志功 1953年撮影 [練馬区立美術館展示]

写真家、田沼武能(1929生)は木村伊兵衛に師事。戦後、東京、下町に生きる子供たちのたくましさと明るさを活写。 これに端を発し、世界中の子供達の姿を撮影する写真家として広く知られています。 その一方で、『芸術新潮』や『タイムライフ』などの仕事をする中で、昭和の文壇、文化・芸術を担った著名人たちの“貌”を長年に亘り撮りつづけてきました。 「人間大好き人間」を標榜する田沼がとらえた人々の表情には、被写体をえぐり出す鋭さとともに、温かで豊かな想いが投影されています。
 本展は、三島由紀夫や森光子、小澤征爾など時代を代表する文化人、著名人らのポートレートに加え、野見山暁治、奥田元宋など練馬ゆかりの美術家たち、80点の肖像写真で構成する展覧会で、 練馬区立美術館と練馬区立石神井公園ふるさと文化館分室とで同時開催されます。 練馬区立美術館では、時代を代表する文化人、著名人らに加え、練馬ゆかりの美術家たちの肖像写真が、 練馬区立石神井公園ふるさと文化館分室では、練馬区にゆかりのある作家の肖像写真がそれぞれ紹介されます。

おすすめ展覧会情報

全国の展覧会を探すならこちら 東京の展覧会を探すならこちら

ミュージアムトピックス

新規、リニューアルオープン美術館情報

2016年11月「すみだ北斎美術館」オープン!

横山大観の作品がある美術館

生涯のテーマにした大観の富士山に出会う

月曜日に開館している美術館を探すならこちら

月曜は美術館が休館日と思っていませんか。
複合施設や大学、企業のビルに併設している等で
月曜日に開館している美術館をご紹介。

雨の日に濡れずに行ける美術館を探すならこちら

駅に直結や地下道を通って行ける美術館をご紹介。
雨の日はゆっくりとアート鑑賞を楽しんでみては。

おすすめカテゴリー!

おすすめアート本

感動! の美術展・美術館 (日経ホームマガジン)

☆ 東京、関東近郊の美術館と文学館をめぐる知的好奇心とお腹を満たす日帰り旅

出版社:KADOKAWA

販 売:amazon

▲このページのトップへ