美術館、展覧会情報を発信するぶらり美術館

国立新美術館開館10周年・
チェコ文化年事業

ミュシャ展

国立新美術館(東京都・港区六本木)

国立新美術館
会 期 3月8日(水)~6月5日(月)
入場料 一般 1,600円、大学生 1,200円
高校生 800円、中学生以下無料
休館日 火曜日〈ただし、5月2日(火)は開館〉
開館時間 午前10時~午後6時
毎週金曜日、4月29日(土)~5月7日(日)は午後8時まで開館
※入場は閉館の30分前まで

美術館
公式サイト
http://www.nact.jp/
展覧会
公式サイト
http://www.mucha2017.jp/
お問い合わせ 03-5777-8600(ハローダイヤル)
※ 画像は《スラヴ叙事詩「原故郷のスラヴ民族」》 1912 年 プラハ市立美術館 © Prague City Gallery

アール・ヌーヴォーを代表する芸術家の一人、アルフォンス・ミュシャ(チェコ語発音ムハ※、1860-1939)は、オーストリア領モラヴィア(現チェコ)に生まれ、ウィーンやミュンヘンを経て、27歳でパリに渡り絵を学びました。なかなか才能を発揮する機会に恵まれなかったミュシャは、34歳の時に、女優サラ・ベルナール主演の舞台「ジスモンダ」のポスターを手がけることになり、一夜にして成功をおさめます。以降、優美で装飾的な作風は多くの人を魅了し、時代の寵児として活躍しました。
 美しい女性像や流麗な植物文様など、華やかで洗練されたポスターや装飾パネルを手がける一方で、ミュシャは故郷チェコや自身のルーツであるスラヴ民族のアイデンティティをテーマにした作品を数多く描きました。その集大成が、50歳で故郷に戻り、晩年の約16年間を捧げた画家渾身の作品《スラヴ叙事詩》(1912-26年)です。およそ縦6メートル、横8メートルに及ぶ巨大なカンヴァスに描かれた20点の油彩画は、古代から近代に至るスラヴ民族の苦難と栄光の歴史を映し出す壮大なスペクタクルであると言えます。
 本展はこの《スラヴ叙事詩》をチェコ国外では世界で初めて、全20点まとめて公開するものです。
 1960年代以降ほとんど公開されることがなく、2012年5月プラハ国立美術館ヴェレトゥルジュニー宮殿(見本市宮殿)にて全作品が公開されました。そして今回、国立新美術館では、ミュシャが《スラヴ叙事詩》を描くに至るまでの足跡を約80点の作品を通じて辿りつつ、これら幻の最高傑作の全貌が紹介されます。

おすすめ展覧会情報

全国の展覧会を探すならこちら 東京の展覧会を探すならこちら

ミュージアムトピックス

新規、リニューアルオープン美術館情報

2016年11月「すみだ北斎美術館」オープン!

シャガールの作品がある美術館

愛の画家シャガールに出会う

月曜日に開館している美術館を探すならこちら

月曜は美術館が休館日と思っていませんか。
複合施設や大学、企業のビルに併設している等で
月曜日に開館している美術館をご紹介。

雨の日に濡れずに行ける美術館を探すならこちら

駅に直結や地下道を通って行ける美術館をご紹介。
雨の日はゆっくりとアート鑑賞を楽しんでみては。



おすすめアート本

感動! の美術展・美術館 (日経ホームマガジン)

☆ 一生に一度は見たい 名画のある美術館、2017年 春からの必見50展 見どころ紹介など

出版社:日経BP社

販 売:amazon

MOE (モエ) 2017年6月号【特集:ひとめぼれする展覧会】

内 容:2017年は、空前絶後の展覧会イヤー。MOE編集部が厳選した『ひとめぼれする展覧会』ご紹介

出版社:白泉社

販 売:amazon

ARTcollectors'(アートコレクターズ) 2017年 5 月号

内 容:東京藝術大学、東京造形大学、武蔵野美術大学など15美大・芸大 卒展&修了展 完全レポート!

出版社:生活の友社

販 売:amazon

▲このページのトップへ