美術館、展覧会情報を発信するぶらり美術館

工芸館開館40周年記念特別展
 陶匠 辻清明の世界―明る寂びの美

 

東京国立近代美術館工芸館
(東京都・千代田区北の丸公園)

会 期 9月15日(金)〜11月23日(木•祝)
観覧料 一般 600円、大学生 400円
高校生以下および18歳未満、障害者手帳をお持ちの方とその付添者(1名)は無料(要証明書提示)
◎無料観覧日:11月3日(金・祝)文化の日、11月15日(水)工芸館開館40周年記念日
休館日 月曜日〈ただし、9月18日(月•祝)、10月9日(月•祝)は開館〉、9月19日(火)、10月10日(火)
開館時間 午前10時~午後5時
※入館は閉館の30分前まで

公式サイト http://www.momat.go.jp
お問い合わせ 03-5777-8600(ハローダイヤル)
※ 画像は《信楽大合子 天心》 1970年 東京国立近代美術館蔵 撮影:藤森武

辻清明(1927-2008)は、1955年に東京・多摩に登窯を築いて以降、信楽の土を用いた無釉焼き締め陶を活動の中心とした作家です。 古美術の蒐集や芸術家との交流を通して感性を磨き、「明る寂び」と呼ばれる信楽特有の美の世界を構築しました。 工芸館開館40周年と、辻の没後10年を記念して開催される本展では、茶陶やオブジェなどの代表作とともに、古信楽や古代ペルーの土器など、きびしい目で選び抜かれた愛蔵品や、洋画家の山口長男やアメリカの陶芸家ピーター・ヴォーコスら、芸術家が辻の陶房で制作した作品なども紹介し、辻清明という陶芸家の創作の軌跡を振り返ります。
(※ 「辻」の字のしんにょうは点ひとつです。)

おすすめ展覧会情報

全国の展覧会を探すならこちら 東京の展覧会を探すならこちら

ミュージアムトピックス

新規、リニューアルオープン美術館情報

NEW 2017年10月1日「横山美術館」オープン!

ゴッホの作品がある美術館

日本美術に大きな影響を受けていたファン・ゴッホ

月曜日に開館している美術館を探すならこちら

月曜は美術館が休館日と思っていませんか。
複合施設や大学、企業のビルに併設している等で
月曜日に開館している美術館をご紹介。

雨の日に濡れずに行ける美術館を探すならこちら

駅に直結や地下道を通って行ける美術館をご紹介。
雨の日はゆっくりとアート鑑賞を楽しんでみては。

おすすめカテゴリー!

人間国宝


おすすめアート本

日経おとなのOFF 2018年 01 月号 (3大付録:フェルメールクリアファイル、美術展ハンドブック、名画カレンダー)

2018年の見逃せない展覧会が満載。過去最大級のフェルメール展!、絵文字でもおなじみ、ムンクの「叫び」初来日!、近代美人画の傑作、上村松園の「序の舞」が修理後初公開!等

▲このページのトップへ