美術館、展覧会情報を発信するぶらり美術館

民俗資料室ギャラリー展示24
だるまで巡るニッポン―日本全国だるまのかたち―

武蔵野美術大学 美術館・図書館
民俗資料室ギャラリー(13号館2階)
(東京都・小平市小川町)

会 期 5月22日(月)〜7月1日(土)
入場料 無料
休館日 日曜日 ※6月11日(日)は特別開室
開館時間 午前10時~午後5時

公式サイト http://folkart.musabi.ac.jp/
お問い合わせ 042-342-6006
※ 画像は三角達磨(新潟県)

日本では、だるまは最も身近な縁起物の一つです。願い事が叶ったら目を入れるという習慣は多くの人が知っており、今でもだるま市が開かれている地域は全国にあります。 元々だるまは禅宗の祖とされる仏僧である達磨をかたどったものですが、日本では宗派を越えた抽象的な縁起物として、あるいは玩具として様々な形で親しまれてきました。
 武蔵野美術大学 美術館・図書館 民俗資料室には日本各地から収集しただるま、およびだるまをモチーフにした資料が600点ほど収蔵されています。
 本展ではこうした全国のだるまを概観することで、多彩なデザインとその地域性、あるいは同一性を明らかにします。異なった表情をみせるだるま達を通して、歴史や意味の多様性を含みながら、市井の人々によって育まれてきた日本の伝統的デザインの面白さに目を向けてみませんか。

おすすめ展覧会情報

全国の展覧会を探すならこちら 東京の展覧会を探すならこちら
東京周辺の美術館〈丸の内〉

New!東京駅周辺、丸の内エリアの美術館をご案内!

月曜日に開館している美術館を探すならこちら

月曜は美術館が休館日と思っていませんか。
複合施設や大学、企業のビルに併設している等で
月曜日に開館している美術館をご紹介。

雨の日に濡れずに行ける美術館を探すならこちら

駅に直結や地下道を通って行ける美術館をご紹介。
雨の日はゆっくりとアート鑑賞を楽しんでみては。



おすすめアート本

日経おとなのOFF 2018年 01 月号 (3大付録:フェルメールクリアファイル、美術展ハンドブック、名画カレンダー)

2018年の見逃せない展覧会が満載。過去最大級のフェルメール展!、絵文字でもおなじみ、ムンクの「叫び」初来日!、近代美人画の傑作、上村松園の「序の舞」が修理後初公開!等

▲このページのトップへ