美術館、展覧会情報を発信するぶらり美術館

第23回 秘蔵の名品
アートコレクション展

佳人礼讃かじんらいさん―うるわしの姿を描く―

ホテルオークラ東京
アスコットホール (地下2階)
(東京都・港区虎ノ門 )

会 期 7月31日(月)〜8月24日(木)
入場料 一般 1,300円、大学・高校生 1,000円
中学生以下無料
休館日 会期中無休
開館時間 午前10時~午後5時30分
※7月31日(月)は午後12時〜
※最終入場は午後5時

公式サイト http://www.hotelokura.co.jp/tokyo/events/art/
お問い合わせ 03-3582-0111
※ 画像は、上村松園《うつろふ春》(霊友会妙一コレクション)

本展は、「ホテルの持つ社会性・公共性に着目し、社会に還元する文化活動」を行うメセナ活動の一環として1994年より独自の視点からテーマを掲げ継続してきたチャリティー絵画展で、本展の純益は社会貢献の為に寄付されます。
 今年は人物の姿の特集です。 洋の東西を問わず、いにしえから現在に至るまで、人々の姿は絵画表現の大きなテーマとなってきました。 本展では、女性を主題とした作品を中心にさまざまな肖像画・風俗画が紹介されます。

おすすめ展覧会情報

全国の展覧会を探すならこちら 東京の展覧会を探すならこちら

ミュージアムトピックス

新規、リニューアルオープン美術館情報

2016年11月「すみだ北斎美術館」オープン!

北斎の作品がある美術館

版画の他、肉筆画も傑出。江戸の絵師

月曜日に開館している美術館を探すならこちら

月曜は美術館が休館日と思っていませんか。
複合施設や大学、企業のビルに併設している等で
月曜日に開館している美術館をご紹介。

雨の日に濡れずに行ける美術館を探すならこちら

駅に直結や地下道を通って行ける美術館をご紹介。
雨の日はゆっくりとアート鑑賞を楽しんでみては。



おすすめアート本

時空旅人別冊 必ず観たい注目の美術展2017-2018

☆ この秋から冬にかけて観ておきたい!見逃せない!展覧会をご紹介。

出版社:三栄書房

販 売:amazon

BRUTUS(ブルータス) 2017年 6/15号[死ぬまでにこの目で見たい 西洋絵画100]

内 容:特集は人気画家・山口晃の死ぬまでにこの目で見たい西洋絵画100。山口晃画伯、西洋絵画の見方について語る。

出版社:マガジンハウス

販 売:amazon

▲このページのトップへ