美術館、展覧会情報を発信するぶらり美術館

画家の眼がとらえた美

ホキ美術館(千葉県・千葉市)

会 期 5月19日(金)〜11月12日(日)
入場料 一般 1,800円
高校生・大学生・65歳以上 1,300円
中学生 900円、小学生以下無料(大人1人につき小学生2人まで)
休館日 火曜日〈ただし、8月15日は開館、8月23日は休館〉
開館時間 午前10時~午後5時30分
※入館は閉館の30分前まで

公式サイト http://www.hoki-museum.jp/
お問い合わせ 043-205-1500
※ 画像は森本草介《光の方へ》2004年 ホキ美術館

写実画家がこの空間、この瞬間を絵にしたいと思うのはどのようなときでしょうか?
 日常の何気ない空間で窓からの光を受けた人物に美しさを感じたとき、美しい花を見たとき、雄大な自然の美に触れたとき、小さな生き物に生命の神秘を感じるとき、雨の匂いを感じるとき、山奥の草いきれに包まれるとき、空間そのものに魅力を感じるとき・・・。 さまざまな瞬間を画家の感性で切り取っています。
 画家が、その五感から感じ取った美とは?どのように想い、感じて美をとらえたか。そしてそれを見る私たちはどのような美に共感されるでしょうか。
 ホキ美術館の人気画家8人の作品から「画家の眼がとらえた美」をテーマに44点の作品が紹介されます。
 石黒賢一郎氏の新規収蔵作品も含まれます。

おすすめ展覧会情報

全国の展覧会を探すならこちら 東京の展覧会を探すならこちら

ミュージアムトピックス

新規、リニューアルオープン美術館情報

NEW 2017年10月1日「横山美術館」オープン!

ゴッホの作品がある美術館

日本美術に大きな影響を受けていたファン・ゴッホ

月曜日に開館している美術館を探すならこちら

月曜は美術館が休館日と思っていませんか。
複合施設や大学、企業のビルに併設している等で
月曜日に開館している美術館をご紹介。

雨の日に濡れずに行ける美術館を探すならこちら

駅に直結や地下道を通って行ける美術館をご紹介。
雨の日はゆっくりとアート鑑賞を楽しんでみては。



おすすめアート本

日経おとなのOFF 2018年 01 月号 (3大付録:フェルメールクリアファイル、美術展ハンドブック、名画カレンダー)

2018年の見逃せない展覧会が満載。過去最大級のフェルメール展!、絵文字でもおなじみ、ムンクの「叫び」初来日!、近代美人画の傑作、上村松園の「序の舞」が修理後初公開!等

▲このページのトップへ