美術館、展覧会情報を発信するぶらり美術館

所蔵作品による"なんだろう"展

新収蔵品展

平塚市美術館(神奈川県・平塚市)

会 期 12月9日(土)~2018年2月25日(日)
入場料 一般 200円、高大生 100円
中学生以下、毎週土曜日の高校生は無料
※各種障がい者手帳をお持ちの方と付添1名は無料
休館日 月曜日〈ただし、1月8日(月・祝)、2月12日(月・振休)は開館〉、1月9日(火)
年末年始〈12月29日(金)~1月3日(水)〉
開館時間 午前9時30分~午後5時
(入場は午後4時30分まで)

公式サイト http://www.city.hiratsuka.kanagawa.jp/art-muse/index.html
お問い合わせ 0463-35-2111
※ 画像は石田徹也《コンビ二エンスストアの母子像》1996年 平塚市美術館寄託

鑑賞する皆さんが主役の"なんだろう"展。今回の“なんだろう” 展には、ふだん作品に付されている題名や作者名、解説文もありません。
 およそ30点の作品は、幻想的だったり、どこか思わせぶりだったり、楽しくなったり、不思議な気持ちになるものばかりです。
 作品を見ることに正解はありません。
 それぞれの作家がつくった作品を見て、感じ、なにが描かれているのか想像してみましょう。
 そして感じたことを実際にかたわらに書いてみましょう。ほかの来館者が書いてくれた言葉も読んでみるとイメージがふくらむかもしれません。
 なお、同時開催として、福田美蘭《見返り美人鏡面群像図》をはじめ、昨年度、新たに収蔵された作品約40点が展示されます。

おすすめ展覧会情報

全国の展覧会を探すならこちら 東京の展覧会を探すならこちら
東京周辺の美術館〈丸の内〉

New!東京駅周辺、丸の内エリアの美術館をご案内!

月曜日に開館している美術館を探すならこちら

月曜は美術館が休館日と思っていませんか。
複合施設や大学、企業のビルに併設している等で
月曜日に開館している美術館をご紹介。

雨の日に濡れずに行ける美術館を探すならこちら

駅に直結や地下道を通って行ける美術館をご紹介。
雨の日はゆっくりとアート鑑賞を楽しんでみては。

おすすめカテゴリー!

人間国宝


おすすめアート本

日経おとなのOFF 2018年 01 月号 (3大付録:フェルメールクリアファイル、美術展ハンドブック、名画カレンダー)

2018年の見逃せない展覧会が満載。過去最大級のフェルメール展!、絵文字でもおなじみ、ムンクの「叫び」初来日!、近代美人画の傑作、上村松園の「序の舞」が修理後初公開!等

▲このページのトップへ