美術館、展覧会情報を発信するぶらり美術館

片岡球子-面構つらがまえ 
神奈川県立近代美術館
コレクションを中心に

平塚市美術館(神奈川県・平塚市)

会 期 9月30日(土)~11月26日(日)
入場料 一般 800円、高大生 500円
中学生以下、毎週土曜日の高校生は無料
※各種障がい者手帳をお持ちの方と付添1名は無料
休館日 月曜日〈ただし、10月9日(月・祝)は開館、10月10日(火)は休館〉
開館時間 午前9時30分~午後5時
(入場は午後4時30分まで)

公式サイト http://www.city.hiratsuka.kanagawa.jp/art-muse/index.html
お問い合わせ 0463-35-2111
※ 画像は片岡球子《面構 足利尊氏》1966年 神奈川県立近代美術館蔵

片岡球子(1905-2008)は札幌に生まれ、画家を志して女子美術専門学校(現:女子美術大学)に学び、再興日本美術院展覧会(院展)を中心に活動をつづけた日本画家です。1926年に同校卒業後、横浜市大岡尋常小学校の教諭をつとめながら画業を始め、1930年《枇杷》で院展に初入選しました。さらに、安田靫彦などに学び、1955年には女子美術大学の専任講師に就任します。
 その後、愛知県立芸術大学の教授となった1966年、《面構 足利尊氏》を発表しました。これを皮切りに「面構」と題した連作を生涯にわたって描き続け、その画業を代表するシリーズとなります。「面構」は、戦国武将や禅僧、浮世絵師など、作家が共感を寄せた歴史上の人物のひととなりを描いたものです。彼らが「現代に生きていたら、どんな行動をするか」という視点から着想して、その人物の肖像画や同時代の風俗を参照しながら、独自の解釈を加えて表現しています。
 このほかに、「富士山」や「裸婦」などをテーマとした作品があり、いずれも鮮烈な色彩と大胆な造形感覚を特徴とし、日本画壇に限らず広く現代の絵画に造形上の問いを投げかけてきました。本展では、神奈川県立近代美術館の所蔵する作品を中心に、「面構」から日本画家・片岡球子に迫ります。

おすすめ展覧会情報

全国の展覧会を探すならこちら 東京の展覧会を探すならこちら

ミュージアムトピックス

新規、リニューアルオープン美術館情報

2016年11月「すみだ北斎美術館」オープン!

北斎の作品がある美術館

版画の他、肉筆画も傑出。江戸の絵師

月曜日に開館している美術館を探すならこちら

月曜は美術館が休館日と思っていませんか。
複合施設や大学、企業のビルに併設している等で
月曜日に開館している美術館をご紹介。

雨の日に濡れずに行ける美術館を探すならこちら

駅に直結や地下道を通って行ける美術館をご紹介。
雨の日はゆっくりとアート鑑賞を楽しんでみては。



おすすめアート本

時空旅人別冊 必ず観たい注目の美術展2017-2018

☆ この秋から冬にかけて観ておきたい!見逃せない!展覧会をご紹介。

出版社:三栄書房

販 売:amazon

BRUTUS(ブルータス) 2017年 6/15号[死ぬまでにこの目で見たい 西洋絵画100]

内 容:特集は人気画家・山口晃の死ぬまでにこの目で見たい西洋絵画100。山口晃画伯、西洋絵画の見方について語る。

出版社:マガジンハウス

販 売:amazon

▲このページのトップへ