美術館、展覧会情報を発信するぶらり美術館

ブラティスラヴァ世界絵本原画展 絵本の50年 これまでとこれから

平塚市美術館(神奈川県・平塚市)

会 期 7月8日(土)~8月27日(日)
入場料 一般 900円、高大生 500円
中学生以下、毎週土曜日の高校生は無料
休館日 月曜日〈ただし、7月17日(月・祝)は開館、7月18日(火)は休館〉
開館時間 午前9時30分~午後5時
(入場は午後4時30分まで)
※8月5日〜8月27日は午後6時まて
(入場は午後5時30分まで)

公式サイト http://www.city.hiratsuka.kanagawa.jp/art-muse/index.html
お問い合わせ 0463-35-2111
※ 画像はミロコマチコ《オレときいろ》2015年
© mirocomachiko

スロヴァキア共和国の首都であるブラティスラヴァで 2年ごとに開催される「ブラティスラヴァ世界絵本原画展」(略称 BIB) は、おりしも東西冷戦のさなか、絵本芸術を通じて各国文化の架け橋となるべく、1965年に創設されました。 1967年に第1回展が開催され、のちに芸術性の高い作品や実験的でユニークな作品が集まる世界最大規模の絵本原画コンクールとして知られるにいたります。 そして2015年秋には第25回・50周年を迎えました。
 日本巡回展となる本展では、まず第1部として「日本の絵本の歴史50年」を振り返ります。 日本は BIBとの関わりが深く、第1回展では瀬川康雄《ふしぎなたけのこ》がグランプリに輝いています。 その後も、田島征三《ちからたろう》(1969 金のりんご賞)、中辻悦子《よるのようちえん》(1999 グランプリ)、出久根育《あめふらし》(2003 グランプリ) などの受賞歴があり、つねに高い評価を得てきました。 これら歴代参加作品を通じて、日本の絵本文化の変遷をたどります。
 また、第2部として、BIB2015の受賞作品、および日本からのノミネート作品が紹介されます。 このとき、ミロコマチコ《オレときいろ》が金のりんご賞を受賞しています。各国作家の作品から原画ならではの味わいとともに、絵本のこれからを期待させる新鮮な表現、独創的な試みを見ることができるでしょう。

おすすめ展覧会情報

全国の展覧会を探すならこちら 東京の展覧会を探すならこちら

ミュージアムトピックス

新規、リニューアルオープン美術館情報

2016年11月「すみだ北斎美術館」オープン!

北斎の作品がある美術館

版画の他、肉筆画も傑出。江戸の絵師

月曜日に開館している美術館を探すならこちら

月曜は美術館が休館日と思っていませんか。
複合施設や大学、企業のビルに併設している等で
月曜日に開館している美術館をご紹介。

雨の日に濡れずに行ける美術館を探すならこちら

駅に直結や地下道を通って行ける美術館をご紹介。
雨の日はゆっくりとアート鑑賞を楽しんでみては。



おすすめアート本

時空旅人別冊 必ず観たい注目の美術展2017-2018

☆ この秋から冬にかけて観ておきたい!見逃せない!展覧会をご紹介。

出版社:三栄書房

販 売:amazon

BRUTUS(ブルータス) 2017年 6/15号[死ぬまでにこの目で見たい 西洋絵画100]

内 容:特集は人気画家・山口晃の死ぬまでにこの目で見たい西洋絵画100。山口晃画伯、西洋絵画の見方について語る。

出版社:マガジンハウス

販 売:amazon

▲このページのトップへ