美術館、展覧会情報を発信するぶらり美術館

茶懐石のうつわ 併設 季節の書画

畠山記念館(東京都・港区白金台)

会 期 1月20日(土)〜3月18日(日)
※会期中、展示替えあり
入場料 一般 700円、大学生・高校生 500円
中学生以下無料(保護者の同伴が必要)
休館日 月曜日〈ただし、2月12日(月•振休)は開館し、2月13日(火)は休館〉、2月16日(金)
開館時間 午前10時~午後4時30分
※入館は午後4時まで

公式サイト http://www.ebara.co.jp/csr/hatakeyama
お問い合わせ 03-3447-5787
※ 画像は、明月形懐石皆具 渡辺喜三郎作 大正~昭和時代 (2月17日~3月18日展示)

茶懐石は正式なお茶のもてなし(茶事)で出される食事のこと。そのうつわは懐石道具と称され、食器を置く膳や盆、食べ物を盛る椀・向付や酒器などがあります。古くは漆器が中心でしたが、江戸時代以降、陶磁器も用いられるようになり、料理を引き立てる役目を担うとともに、うつわそのものも賞玩の対象となってゆきました。個々の美しさもさることながら、取り合わせることで、場をいっそう華やかにする「もてなしのうつわ」の魅力を楽しんでみませんか。

おすすめ展覧会情報

全国の展覧会を探すならこちら 東京の展覧会を探すならこちら

ミュージアムトピックス

新規、リニューアルオープン美術館情報

NEW 2017年10月1日「横山美術館」オープン!

ゴッホの作品がある美術館

日本美術に大きな影響を受けていたファン・ゴッホ

月曜日に開館している美術館を探すならこちら

月曜は美術館が休館日と思っていませんか。
複合施設や大学、企業のビルに併設している等で
月曜日に開館している美術館をご紹介。

雨の日に濡れずに行ける美術館を探すならこちら

駅に直結や地下道を通って行ける美術館をご紹介。
雨の日はゆっくりとアート鑑賞を楽しんでみては。

おすすめカテゴリー!



おすすめアート本

日経おとなのOFF 2018年 01 月号 (3大付録:フェルメールクリアファイル、美術展ハンドブック、名画カレンダー)

2018年の見逃せない展覧会が満載。過去最大級のフェルメール展!、絵文字でもおなじみ、ムンクの「叫び」初来日!、近代美人画の傑作、上村松園の「序の舞」が修理後初公開!等

▲このページのトップへ