美術館、展覧会情報を発信するぶらり美術館

新収蔵記念 近代数寄者の交遊録 ― 益田鈍翁・横井夜雨・畠山即翁

畠山記念館(東京都・港区白金台)

会 期 10月7日(土)〜12月17日(日)
入場料 一般 700円、大学生・高校生 500円
中学生以下無料(保護者の同伴が必要)
休館日 月曜日〈ただし、10月9日(月•祝)は開館し、10月10日(火)は休館〉
11月10日(金)
開館時間 午前10時~午後4時30分
※入館は午後4時まで

公式サイト http://www.ebara.co.jp/csr/hatakeyama
お問い合わせ 03-3447-5787
※ 画像は重要文化財 柿の蔕茶碗 銘 毘沙門堂 朝鮮時代

近代の日本経済界を牽引した実業家であり、有数の日本美術コレクター、茶人であった益田鈍翁(孝・1848~1938)と茶友・横井夜雨(半三郎・1883~1945)、そして畠山即翁の交流にスポットがあてられます。彼らの旧蔵品や好み物、自作の書画や茶道具に加えて、遺された膨大な手紙類をひもときながら、近代数寄者のすがたを探ります。本年が益田鈍翁の80年忌にあたる本展では、鈍翁ゆかりの品が厳選して紹介されます。

おすすめ展覧会情報

全国の展覧会を探すならこちら 東京の展覧会を探すならこちら

ミュージアムトピックス

新規、リニューアルオープン美術館情報

2016年11月「すみだ北斎美術館」オープン!

北斎の作品がある美術館

版画の他、肉筆画も傑出。江戸の絵師

月曜日に開館している美術館を探すならこちら

月曜は美術館が休館日と思っていませんか。
複合施設や大学、企業のビルに併設している等で
月曜日に開館している美術館をご紹介。

雨の日に濡れずに行ける美術館を探すならこちら

駅に直結や地下道を通って行ける美術館をご紹介。
雨の日はゆっくりとアート鑑賞を楽しんでみては。

おすすめカテゴリー!



おすすめアート本

時空旅人別冊 必ず観たい注目の美術展2017-2018

☆ この秋から冬にかけて観ておきたい!見逃せない!展覧会をご紹介。

出版社:三栄書房

販 売:amazon

BRUTUS(ブルータス) 2017年 6/15号[死ぬまでにこの目で見たい 西洋絵画100]

内 容:特集は人気画家・山口晃の死ぬまでにこの目で見たい西洋絵画100。山口晃画伯、西洋絵画の見方について語る。

出版社:マガジンハウス

販 売:amazon

▲このページのトップへ