美術館、展覧会情報を発信するぶらり美術館

戦国時代展 -A Century of Dreams-

東京都江戸東京博物館(東京都・墨田区横網)

東京都江戸東京博物館
会 期 11月23日(水・祝)~2017年1月29日(日)
※会期中に展示品の入れ替えあり
入場料 一般 1,350円
大学生・専門学校生 1,080円
小学生•中学生•高校生•65歳以上 680円
休館日 月曜日、年末年始〈12月26日(月)~1月1日(日)〉
※ただし、1月2日、9日、16日は開館
開館時間 午前9時30分~午後5時30分
※土曜日は午後7時30分まで
※入館は閉館の30分前まで

美術館
公式サイト
http://www.edo-tokyo-museum.or.jp
展覧会
公式サイト
http://sengoku-period.jp/
お問い合わせ 03-3626-9974(代表)
※ 画像は米沢本 川中島合戦図屏風 左隻(部分)米沢市上杉博物館蔵 ※前期(11月23日~12月25日)展示

日本における戦国時代といえば、下克上の言葉に代表されるように、室町幕府の衰退に伴って各地で群雄が割拠し、相次ぐ戦乱によって国の秩序が大きく乱れた時代だとイメージされてきました。ところが近年では、研究の進展により、このようなイメージが見直されるようになっています。  
 幕府の衰退により政治的な中央集権が次第に薄れ、上杉謙信、武田信玄、毛利元就、織田信長など有力な大名たちはそれぞれの地方で、自らの領国の経営に力を入れるようになります。その過程で、絵画や建築、そして茶の湯など、京都で成熟した文化は列島各地へもたらされ、新たな地域文化として再生産されました。戦国時代は列島規模で各地に大きな文化的、経済的な実りをもたらした時代ということができます。  
 本展では、戦国時代に列島の各地で生成された歴史資料や美術工芸品が一堂に展示され、多様な広がりを見せる時代を叙述しつつ、逞しく躍動した人々の姿を追います。新たな戦国時代像を描くこの展覧会が、様々な困難に直面する私たちに対して、豊かな未来を創造する活力となるでしょう。

  • 全国のおすすめ展覧会情報
  • 東京のおすすめ展覧会情報
  • 新規、リニューアルオープン美術館情報
  • ルノワールの作品がある美術館
  • 月曜日に開館している美術館
  • 雨の日のお出掛けに、濡れずに行ける美術館一覧
  • 夢あふれる絵本の美術館

【完全ガイドシリーズ162】 美術展完全ガイド (100%ムックシリーズ)

☆ 2017 [最注目] 美術展カレンダー

出版社:晋遊舎

販 売:amazon

日経おとなのOFF2017年1月号

☆ Special/2017年絶対に見逃せない美術展

出版社:日経BP社

販 売:amazon

Vixen 単眼鏡 マルチモノキュラーシリーズ マルチモノキュラー6×16 1121-04/Amazon

☆美術館で作品の細部を観たい、資料の細かい文字を読みたいときに是非。

  • 全国のおすすめ展覧会情報
  • 東京のおすすめ展覧会情報
  • 新規、リニューアルオープン美術館情報
  • ルノワールの作品がある美術館
  • 月曜日に開館している美術館
  • 雨の日のお出掛けに、濡れずに行ける美術館一覧

【完全ガイドシリーズ162】 美術展完全ガイド (100%ムックシリーズ)

☆ 2017 [最注目] 美術展カレンダー

出版社:晋遊舎

販 売:amazon

日経おとなのOFF2017年1月号

☆ Special/2017年絶対に見逃せない美術展

出版社:日経BP社

販 売:amazon

浮世絵カレンダー 2017 (インプレスカレンダー2017)

監 修:アダチ伝統木版画技術保存財団

出版社:インプレス

販 売:amazon

Vixen 単眼鏡 マルチモノキュラーシリーズ マルチモノキュラー6×16 1121-04/Amazon

☆美術館で作品の細部を観たい、資料の細かい文字を読みたいときに是非。

▲このページのトップへ