美術館、展覧会情報を発信するぶらり美術館

藤森民雄展 
生きること、その揺らめき

茅野市美術館(長野県・茅野市)

会 期 8月6日(日)~9月4日(月)
観覧料 一般 500円、高校生以下無料
休館日 火曜日
開館時間 午前10時~午後6時
※8月6日は10時30分から開展式を開催し、終了後に開場

美術館
公式サイト
http://www.chinoshiminkan.jp/
展覧会
公式サイト
http://www.chinoshiminkan.jp/museum/2017/0806.html
お問い合わせ 0266-82-8222
※ 画像は藤森民雄《休息の午後 No.3 》 1994年 テラコッタ・木 70 x 90 x 158cm

地域にゆかりの深い作家を紹介してきた茅野市美術館で、茅野市出身の彫刻家・藤森民雄(1954-)の展覧会が開催されます。
 茅野市に生まれた藤森民雄は、東京造形大学彫刻科を経て、東京藝術大学大学院彫刻専攻を修了、1985年には31歳の若さで新制作協会会員に推挙されています。1997年からは横浜国立大学教育学部にて教鞭をとり、2004年より同大学教授を務めています。
 藤森は、混沌とする現代社会において、自然界の一部である人間のありように目を向け、現代の不安や閉塞状態での人間の精神の開放、そして生命が持つ変化に満ちた時の流れをみつめる中で、現代における人間の精神のあり方を作品で提示しています。作品の多くは、粘土の素焼きでつくられたテラコッタで制作しており、故郷である茅野の遺跡で出土した土器群をはじめとする縄文文化が、その原風景にあります。藤森の作品からは、縄文土器と同様に、脈々と続く生命の流れを感じることができます。
 本展では、初期作品から「解眠」「風蝕」「休息の午後」シリーズまでの約40点を厳選し、藤森民雄の表現とその軌跡をみつめます。

おすすめ展覧会情報

全国の展覧会を探すならこちら 東京の展覧会を探すならこちら

ミュージアムトピックス

新規、リニューアルオープン美術館情報

2016年11月「すみだ北斎美術館」オープン!

シャガールの作品がある美術館

20世紀の巨人、ピカソに出会う

月曜日に開館している美術館を探すならこちら

月曜は美術館が休館日と思っていませんか。
複合施設や大学、企業のビルに併設している等で
月曜日に開館している美術館をご紹介。

雨の日に濡れずに行ける美術館を探すならこちら

駅に直結や地下道を通って行ける美術館をご紹介。
雨の日はゆっくりとアート鑑賞を楽しんでみては。



おすすめアート本

Pen (ペン)「総力特集:あのアートが見たい。」 〈2017年 8/1号〉 [雑誌]

内 容:山口一郎(サカナクション)が、「もの」派を語る。総力特集/あのアートが見たい。

出版社:CCCメディアハウス

販 売:amazon

BRUTUS(ブルータス) 2017年 6/15号[死ぬまでにこの目で見たい 西洋絵画100]

内 容:特集は人気画家・山口晃の死ぬまでにこの目で見たい西洋絵画100。山口晃画伯、西洋絵画の見方について語る。

出版社:マガジンハウス

販 売:amazon

感動! の美術展・美術館 (日経ホームマガジン)

☆ 一生に一度は見たい 名画のある美術館、2017年 春からの必見50展 見どころ紹介など

出版社:日経BP社

販 売:amazon

▲このページのトップへ