美術館、展覧会情報を発信するぶらり美術館

奇喜怪快 井上洋介の絵本展

ちひろ美術館・東京
(東京都・練馬区下石神井)

展覧会「ちひろ・冬のしつらえ」のイメージ画像
会 期 8月24日(木)〜11月5日(日)
入場料 一般 800円、高校生以下無料
学生証をお持ちの方、65歳以上は700円、 障害者手帳ご提示の方は400円、介添えの方は1名まで無料、視覚障害のある方は無料
休館日 月曜日〈ただし祝休日は開館、翌平日休館、8月28日は開館〉
開館時間 午前10時~午後5時
※入館は閉館の30分前まで

公式サイト https://chihiro.jp
お問い合わせ 03-3995-3001(テレホンガイド)
※ 画像は井上洋介 『やまのねこやしき』(教育画劇)より 1999年 ちひろ美術館蔵

奇想天外な発想が炸裂する独創的な世界を描いた絵本画家・井上洋介が、 2016年2月、惜しまれつつ84歳で亡くなりました。
 「その時代、その空間にある材料を使って、表現したいものを表現するのが芸術」と語った井上は、鬼気迫る描写のなかに、愛嬌と哀愁を同居させた独自の画風で、絵本のほか、絵画、漫画、広告、舞台美術など、多彩な分野で活躍しました。「人間は未来永劫変わらない」という信念のもと、一貫して人間の本質を描き続けたその作品には、少年時代に体験した戦災の記憶が内在しています。
 本展では、広く愛されてきた『くまの子ウーフ』のほか、予想を越えた展開をみせる自作絵本、見る人を震撼させる怖い絵本など、各年代の代表的な絵本の原画を展示し、井上洋介の絵本の仕事を紹介しています。また、絵本と並行して描きつづけたタブローなども展示し、その画業と人物像を紹介しています。

おすすめ展覧会情報

全国の展覧会を探すならこちら 東京の展覧会を探すならこちら

ミュージアムトピックス

新規、リニューアルオープン美術館情報

2016年11月「すみだ北斎美術館」オープン!

北斎の作品がある美術館

版画の他、肉筆画も傑出。江戸の絵師

月曜日に開館している美術館を探すならこちら

月曜は美術館が休館日と思っていませんか。
複合施設や大学、企業のビルに併設している等で
月曜日に開館している美術館をご紹介。

雨の日に濡れずに行ける美術館を探すならこちら

駅に直結や地下道を通って行ける美術館をご紹介。
雨の日はゆっくりとアート鑑賞を楽しんでみては。



おすすめアート本

時空旅人別冊 必ず観たい注目の美術展2017-2018

☆ この秋から冬にかけて観ておきたい!見逃せない!展覧会をご紹介。

出版社:三栄書房

販 売:amazon

BRUTUS(ブルータス) 2017年 6/15号[死ぬまでにこの目で見たい 西洋絵画100]

内 容:特集は人気画家・山口晃の死ぬまでにこの目で見たい西洋絵画100。山口晃画伯、西洋絵画の見方について語る。

出版社:マガジンハウス

販 売:amazon

▲このページのトップへ