美術館、展覧会情報を発信するぶらり美術館

ニューヨークが生んだ伝説 
写真家 ソール・ライター展

Bunkamura ザ・ミュージアム
(東京都・渋谷区道玄坂)

Bunkamura ザ・ミュージアム
会 期 4月29日(土・祝)〜6月25日(日)
入館料 一般 1,400円、大学・高校生 1,000円
中学・小学生 700円
休館日 5月9日(火)、6月6日(火)
開館時間 午前10時~午後6時
毎週金・土曜日は午後9時まで
※入館は閉館の30分前まで 

公式サイト http://www.bunkamura.co.jp/museum/
お問い合わせ 03-5777-8600(ハローダイヤル)
※ 画像は、ソール・ライター《雪》 1960年 発色現像方式印画 ソール・ライター財団蔵 Ⓒ Saul Leiter Estate

1950年代からニューヨークで第一線のファッション・カメラマンとして活躍しながら、1980年代に商業写真から退き、世間から姿を消したソール・ライター(1923-2013)。写真界でソール・ライターが再び脚光を浴びるきっかけとなったのが、2006年にドイツのシュタイデル社によって出版された作品集でした。時に、ソール・ライター83歳。この新たな発見は大きなセンセーションとなり、その後、展覧会開催や出版が相次ぎました。2012年にはドキュメンタリー映画「写真家ソール・ライター 急がない人生で見つけた13のこと」(日本公開は2015年)が公開され、その名前と作品はさらに多くの人々の知るところとなります。
 本展は、ニューヨークのソール・ライター財団の全面的な協力を得て、同財団所蔵の写真作品(モノクロ、カラー)、絵画作品、その他貴重な資料を一堂に集め、天性の色彩感覚によって「カラー写真のパイオニア」と称されたライターの創造の秘密に迫る日本初の回顧展です。

おすすめ展覧会情報

全国の展覧会を探すならこちら 東京の展覧会を探すならこちら

ミュージアムトピックス

新規、リニューアルオープン美術館情報

NEW 2017年10月1日「横山美術館」オープン!

佐伯祐三の作品がある美術館

パリの街角や建物などを重厚な筆致で描いた画家

月曜日に開館している美術館を探すならこちら

月曜は美術館が休館日と思っていませんか。
複合施設や大学、企業のビルに併設している等で
月曜日に開館している美術館をご紹介。

雨の日に濡れずに行ける美術館を探すならこちら

駅に直結や地下道を通って行ける美術館をご紹介。
雨の日はゆっくりとアート鑑賞を楽しんでみては。



おすすめアート本

カフェのある美術館 素敵な時間をたのしむ

☆ カフェに惹かれて行きたくなる美術館のガイド本。

出版社:世界文化社

販 売:amazon

東山魁夷アートカレンダー 2018年版(小型判) ([カレンダー])

☆ 人気の東山魁夷アートカレンダーの2018年版。

出版社:日本経済新聞出版社

販 売:amazon

▲このページのトップへ